北大軟式庭球部掲示板




37件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[37] 新人戦終了

投稿者: 宇野裕貴 投稿日:2017年10月 4日(水)23時04分56秒 nthkid185250.hkid.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

今年度男子主将を務めさせていただきます二年目工学部の宇野です。よろしくお願いいたします。
9月30日から10月1日にかけて円山公園にて新人戦が行われました。
お忙しい中応援に来てくださった岸さん、寺本さん、山川さん、清水さん、増田さん、丹羽さんありがとうございました。

男子の団体戦はAからBチームまでが、選手権は7ペアが出場しました。
結果は以下の通りです。

<団体戦>
ベスト8
Aチーム
ベスト16
Bチーム

<個人戦>
ベスト16
嶋瀬宇野
ベスト32
下田浦野
佐藤(椋)西
前川松本

団体戦選手権ともに入選を逃す、残念な結果となってしまいました。
今回の大会では、後衛は我慢強さが足りず特に格上相手では、ラリーを粘り強く続けることができていませんでした。また、前衛は攻めの遅さが目立ったのと前につくまでのミスが目立ちました。また、今回の大会では特に日頃の練習での集中力のなさや周りのことを考えてプレーする謙虚さのなさがあらわれたように思います。全員が今回の反省点を踏まえて練習から集中力を高めてまわりに気配りできるようになる必要性を感じました。
これから自分が引っ張っていく新体制となりますが、今回の結果を心に留め精進していきますので、変わらぬ応援のほどよろしくお願いいたします。




[36] 引退のご挨拶

投稿者: 山川むつみ 投稿日:2017年 9月21日(木)19時17分55秒 gesuin03-ue.eng.hokudai.ac.jp  通報   返信・引用

 ご挨拶が遅くなり申し訳ありません。8月末に行われた七大戦をもちまして私たち四年目は引退しました。岸さんをはじめとするOB,OGの皆様、水野先生、ご指導や応援ありがとうございました。
 四年間を振り返ると大変なこともありましたが、それよりも楽しさ、嬉しさが勝る四年間であったと思います。わたしたち四年目女子は先輩がいない時期が長い年目でしたが、同期が多く、みんなやる気や勝気にあふれていたので一部にも昇格できたし、そのような気持ちで終われたのだと思います。また、そんな同期がいたからこそ私自身色々な面で成長できたと思っています。本当にありがとう。
 現役のみんなはこれからまだまだ成長できる時間が残されています。その時々では後悔することも多いと思いますが、それを糧にして次につなげ、最後引退したときに気持ちよく終われることが一番だと思います。これから先いい報告が聞けるのを楽しみにしています。頑張ってください。
 最後になりますが、改めましてOB,OGの皆様、同期、後輩のみんな、本当にありがとうございました。



[35] ホームページ係の交代について

投稿者: ホームページ係 横山諒子 投稿日:2017年 9月20日(水)10時22分59秒 wmx2-pvt-050-134-255-123.kualnet.jp  通報   返信・引用   編集済

今期ホームページ係になりました、2年目の横山諒子です。できるだけ早い更新に努めていきますのでよろしくお願い致します。



[34] 七大戦終了

投稿者: 女子主将 周東真穂 投稿日:2017年 9月 2日(土)17時59分21秒 pw126253128031.6.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

   8月28日(月)~8月31日(木)にかけて名古屋市のパロマ瑞穂テニスコートにおいて七大戦が行われました。お忙しい中応援に来てくださった村井さん、瀬口さん、竹崎さん、天下さん、寺内くん、ありがとうございました。

女子の結果は

<団体戦>
3位

<個人戦>
ベスト4
山川・熊谷

ベスト8
清水・鈴木
三浦・川上

でした。
   団体戦では優勝という目標達成にはならずとも、入賞を果たすことができました。個人戦でも他校に対して奮闘し優秀な結果を収められたと思います。なによりも、今期の締めくくりとなるこの七大戦を全員で楽しんで終われたことが一番よかったと思っています。
   この七大戦をもって四年目の4人は引退し、私が主将を務める幹部も解散となりました。至らない点も多かったと思いますが、悔いのない1年でした。支えてくださったOBさん、現役のみなさんありがとうございました。
   これからは2年目の三浦が務める主将期間となります。また気持ちを新たにして来期の目標に向けて励んでいきたいと思いますので、変わらぬ応援の程、よろしくお願い致します。



[33] 七大戦 終了

投稿者: 男子主将 濱岡 光太 投稿日:2017年 9月 2日(土)15時05分55秒 softbank219205087054.bbtec.net  通報   返信・引用

8月28日(月)~8月31日(木)にかけて名古屋市のパロマ瑞穂テニスコートにおいて七大戦が行われました。お忙しい中来てくださった天下さん、寺内さん、村井さん、ありがとうございました。
男子の結果は

<団体>
第5位(2勝4敗)

<選手権>
ベスト16
丹羽・向井
嶋瀬・宇野
下田・林

でした。
目標としていた優勝には届かず結果こそ振るわなかったものの、チーム一丸となって楽しく盛り上がることができました。自分が主将を務めたこの1年間を振り返ってみると、義務感にとらわれ結果を残すことばかり考えてしまっていたように思います。しかし今大会においては、テニスを楽しむという原点に立ち返る事ができそれによって1試合1試合の感覚はいつもとは異なるなんともいえないものでした。
 今期主将を務めていて周囲の方々から感謝のお言葉を数多く頂きましたが、僕自身主将という立場になることで多くを学び成長させて頂きました。ありがとうございました。
 四年生が引退し、これからは新主将の宇野が率いる新たなチームとなりますが、これからも感謝の気持ちを忘れず日々練習に励んでいきますので変わらぬ応援の程よろしくお願いします。



[32] 秋大会 終了

投稿者: 男子主将 濱岡光太 投稿日:2017年 8月21日(月)17時06分59秒 133.50.12.111  通報   返信・引用

8月18日(金)~20日(日)にかけて苫小牧市緑ヶ丘公園庭球場にて秋大会が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、銅さん、梅澤さん、前田さん、田村さん、道場さんありがとうございました。

男子の結果は

〈団体〉
一部三位

〈選手権〉
ベスト8
丹羽・向井

ベスト32
高橋・大平
妹島・加井
佐藤(匠)・浦野
濱岡・増田
嶋瀬・宇野

でした。

 団体戦では目標としていた優勝を達成することができず、春に比べ他大学がシングルスの強化をしてきたことやダブルスでの完成度の高いプレーなどがみられ苦戦を強いられることとなりました。勝つためにはやはりまだまだ技術面で差があるように感じたので、残りの準備期間はわずかですがしっかりと修正し七大戦に臨みたいと思います。
 四年生の出場する学連の大会も今大会で最後となり、自分が主将を務める大会も残すところ七大戦のみとなりました。今季の総決算となる七大戦で最後に笑って終われるよう、部員一同優勝を目指して最後まで全力を尽くしていきますので変わらぬ応援の程よろしくお願いいたします。



[31] 秋大会終了

投稿者: 女子主将 周東真穂 投稿日:2017年 8月21日(月)14時10分57秒 pw126233080250.20.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

8月18日から20日にかけて苫小牧市緑ヶ丘公園庭球場にて秋大会が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、銅さん、梅澤さん、前田さん、田村さん、道場さんありがとうございました。

女子の結果は

団体戦
一部3位

選手権
ベスト8
山川・川上
熊谷・周東

ベスト16
清水・鈴木

でした。

団体戦では目標としていた一部2位は達成できませんでしたが、春大会で4位と悔しい思いをしたことを考えると入賞出来たことは大きな結果であったと思います。現在のチームでの完成度は高い状態で挑んだ大会でしたが
、まだまだ格上相手に勝ちきれない部分があったことや普段の練習でしてしまっているミスが大会においてもでていることを痛感した大会でした。
本大会をもって主戦力となる4年目が出場する学連の大会は最後となりました。1~3年目の女子部員は4人と少ない人数となりますが、来年の春大会に向けて再び目標をもって練習に励んでいこうと思います。また、一週間後に控える七大戦で4年目は引退し今期の幹部の任期も終了となります。残りわずかの今シーズンも全力で励んでいこうと思いますので変わらぬ応援の程よろしくお願いいたします。



[30] 全道大会終了

投稿者: 女子主将 周東真穂 投稿日:2017年 6月18日(日)16時30分28秒 st2282.nas811.p-hokkaido.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

6月15日(木)から17日(土)にかけて円山公園庭球場にて全道大会が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、秋山さんありがとうございました。

女子の結果は

<団体>
ベスト8

<ダブルス>
ベスト8
山川・熊谷

<シングルス>
ベスト8
清水

でした。本大会では不本意ながら負けてしまう試合が多くありました。試合本番における気持ちの面での反省点や、技術はもっていてもその安定感にかける部分があったと思いました。また個々にプレーの課題は異なりますがチームとして改善できる面もあったと思います。人数が少ないために普段は限られた相手との練習となりますが人数が少ないからこそ普段の練習を工夫していけると思うのでこの大会を機に見直していこうと思います。
アウト期も終盤にさしかかり、ここからは定期戦が続きますがより成長して秋大会、七大戦を迎えたいと思っておりますので、残りのシーズン期間も変わらぬ応援のほどよろしくお願いいたします。



[29] 全道大会 終了

投稿者: 男子主将 濱岡 光太 投稿日:2017年 6月18日(日)10時35分58秒 133.50.12.111  通報   返信・引用

6/15(木)~17(土)にかけて円山公園テニスコートで全道大会が行われました。
お忙しい中来てくださった岸さん、秋山さんありがとうございました。

男子の結果は

<団体>

ベスト4
Aチーム

ベスト8
Bチーム


<ダブルス>

ベスト8
濱岡・増田

ベスト16
丹羽・向井
嶋瀬・宇野
佐藤(匠)・浦野

ベスト32
高橋・大平
妹島・加井


<シングルス>

ベスト4
増田

ベスト16
向井
濱岡

ベスト32
浦野
嶋瀬
下田

でした。
今大会で改めて感じたことは、攻めることの大切さです。僕自身、一般の大会や七大戦などのレベルの高い対外と対戦してみて、ミス待ちの相手任せなテニスをするのではなく常に自分たちから攻めてポイントを取りに行かなければ絶対に上で勝てないと思いました。今大会ではその経験を踏まえて自分たちから攻めて行こうと部員たちと話し合っていました。結果としては出来すぎなくらいのものになり、主将としても一選手としても非常に嬉しく思います。
しかし行動面を振り返ってみると、ビデオカメラの管理や応援の人数配分、荷物の置き方などだらしない面が目立ち、テニス以外の面でおろそかになっている部分が多くなっていたように思います。テニスをするだけの集団になってしまうのではなく、応援してもらえるようなチームでないといけないのは誰もがわかっているはずなので今後控えている秋大会や七大戦に向けて一層気を引き締めていきます。
自分の主将としての任期も残り二か月ほどとなりますが、最後に笑って終われるよう部員一同精一杯頑張っていきますので変わらぬ応援の程よろしくお願いします。



[28] 春大会終了

投稿者: 女子主将 周東真穂 投稿日:2017年 5月16日(火)08時59分1秒 p4141-ipbf1003sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

5月12~14日に、旭川市花咲運動公園にて春大会が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、天下さんありがとうございました。

女子の結果は

〈選手権〉
ベスト4
山川熊谷

ベスト8
清水横山

〈団体戦〉
1部4位

でした。
今大会では団体戦1部2位以内という目標を達成することができなかったものの、1部で3勝2敗であったことや3校での三つ巴による4位という結果になったこと、選手権でベスト4に入賞したペアが出たことを考えると確実に北大に力がついたことを感じることができた大会であったと思います。去年の秋大会と比較してこの半年間のインドア期に各々が培ってきた成果であったと思います。
一方、上位校と対戦することで今の北大との実力差を感じることができました。一つ一つのプレーの技術向上の他に、チームの連帯感やメンタル面についても今大会で学んだことを活かして秋大会に向けてこれからのアウト期、一段と成長したチームを作っていこうと思いますので変わらぬ応援の程、よろしくお願いいたします。


レンタル掲示板
37件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.