新着順:21/136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

もの忘れについて

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2017年 2月25日(土)08時45分53秒
  通報
  もの忘れは、年をとると誰でも多少は出てきます。
それが加齢に伴うものなのか、認知症に伴うものなのかの鑑別が重要です。
参考にして頂きたいと思います。

<加齢に伴うもの忘れ>
体験の一部分を忘れる
記憶障害のみがみられる
もの忘れを自覚している
探し物も努力して見つけようとする
見当識障害はみられない
取り繕いはみられない
日常生活に支障はない
きわめて徐々にしか進行しない

<アルツハイマー型認知症のもの忘れ>
全体を忘れる
記憶障害に加えて判断の障害や実行機能障害がある
もの忘れの自覚に乏しい
探し物も誰かが盗ったということがある
見当識障害が見られる
しばしば取り繕いがみられる
日常生活に支障をきたす
進行性である

*「かかりつけ医認知症対応力向上研修 テキスト」より
 
》記事一覧表示

新着順:21/136 《前のページ | 次のページ》
/136