新着順:17/145 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

<高マグネシウム(Mg)血症について>

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2017年 7月10日(月)20時15分54秒
  通報
  緩下剤の中で、便を軟らかくする作用のあるお薬に『酸化マグネシウム』というのがあります。
製品名でいうと、「カマグ」「マグミット」「重カマ」「酸化マグネシウム」などです。

これらのお薬は、稀に「高マグネシウム血症」という副作用が起こることがあります。
長期で服用している患者さんや高齢の患者さんや腎機能が悪い患者さんには注意が必要です。

当院でも時々、血液検査の時にマグネシウムの値をチェックしていますが、問題となる程高値を示す患者さんは、今のところいません。

(高マグネシウム血症の初期症状)
吐き気、嘔吐、立ちくらみ、めまい、脈が遅くなる、皮膚が赤くなる、力が入りにくくなる、体がだるい、傾眠(眠気でぼんやりする、うとうとする)

気になる症状がある時は、お薬を処方してもらっている医療機関で相談されたらいかがでしょうか。
もちろん当院でも検査はできますが。
 
》記事一覧表示

新着順:17/145 《前のページ | 次のページ》
/145