[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


糖尿病の4大合併症

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2017年 1月25日(水)00時07分51秒
  糖尿病は、全身の血管を障害することによっていろんな合併症を起こしてきます。
・糖尿病性網膜症:眼の奥にある網膜の血管障害によって起こり、視力低下が起こり、失明してしまうこともあります。
・糖尿病性神経症:神経の障害が起こり、全身のいろんなところの神経障害が起こります。手足のしびれ・痛み・感覚障害、排尿障害、下痢・便秘、勃起障害、立ちくらみなど。
・糖尿病性腎症:腎機能の低下が起こり、進行すると腎不全となり透析が必要になります。
・大血管障害:動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞や閉塞性動脈硬化症などを起こします。
合併症は命を縮めることにもなります。
糖尿病になっても、症状が出ないことが多いので、健診などで異常を指摘された時は、早めに検査をしておくことが重要です。
糖尿病の治療の目標は、単に血糖値をさげることではなく、合併症を予防することが大切なのです。
 

雪化粧(2017.1.15)

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2017年 1月15日(日)11時24分26秒
  昨夜の雪が薄っすら残っていました。
久しぶりです。
最低気温は氷点下になったようで、寒くなりました。
インフルエンザが少しずつ流行ってきていますので、予防に気をつけてください。
 

賀正 2017

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2017年 1月 1日(日)15時03分31秒
  本年もよろしくお願いいたします。
医療を取り巻く情勢は厳しくなりつつありますが、
患者様第一の医療を心がけていきたいと思います。
 

今年もあと少しになりました

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年12月30日(金)12時51分16秒
  当院は、昨日の午前診療を最後に年末年始のお休みに入りました。

当院通院中の方で、年末に受診しそこなって、お休みの間にお薬が切れてしまわれる方がおられましたら、対応いたしますので、ご連絡ください。

もし、急病などで調子が悪くなるようでしたら、出来る限り対応いたしますので、ご連絡いただきたいと思います。
当院は自宅が2階ですので、いる限りは電話対応可能です。

1月4日(水)より平常通りの診療となっています。
 

心機能評価

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年12月20日(火)17時23分15秒
  Tei-Index(テイ・インデックス)
これは、心エコー検査で心機能を評価する一つの方法です。
心臓は、常に収縮と拡張を繰り返しすことにより、ポンプの作用で血液を送り出しています。
心臓の機能を評価する時に、収縮能と拡張能とに分けて評価することが一般的です。
収縮能というのは、心臓の筋肉の収縮の状態を観ればわかるのですが、拡張能を厳密に評価するのは難しいのです。
Tei-Indexは、心臓の機能を収縮と拡張に分けることなく、収縮も拡張も含めた総合した心機能を表す指標となる検査法です。
簡単に言うと、心臓が収縮した後、次に拡張する前に若干タイムラグがあります。また拡張した後、次に収縮するまでに若干タイムラグがあります。
このタイムラグは、心機能が正常であれば長くなることはありません。
このタイムラグに着目した検査法がTei-Indexなのです。
当院では、超音波検査装置を最新の機種に買い換えてからこの検査ができるようになりました。
 

クリスマスのオーナメント

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年12月 5日(月)15時45分47秒
編集済
  当院の受付のところにクリスマスの飾りを置きました。
なかなか綺麗です。
 

動脈硬化

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年11月18日(金)19時56分13秒
  動脈硬化を検査する方法はいくつかあります。
その中で一番簡単にできる検査は、ABIとPWVだと思います。
ABIというのは、両腕と両足の血圧を同時に測定することにより、血管の詰まり具合を検査する方法です。
通常、足の血圧は腕の血圧よりも高いのが普通です。
腕の血圧も足の血圧も左右差はあってはいけません。
足の血圧が、腕の血圧よりも低い時には、下肢の血管に狭窄があることを疑わせる所見となります。
PWVというのは、脈波伝播速度と言って、心臓からの拍動が伝わる速度から血管の硬さをみる検査です。
血管壁が軟らかいと、脈波は血管壁で吸収されるために速度が遅く、動脈硬化で血管が硬いと、脈派は速くなります。
年齢の平均値と比較して血管年齢を算出することができます。
高血圧や脂質異常症(LDLコレステロール高値など)や糖尿病や喫煙などの動脈硬化の危険因子を持っている人は、一度は検査しておきたいものです。10分ほどで簡単にできる検査です。
 

スーパームーン翌日の月

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年11月16日(水)00時25分25秒
  三木内科から見た月です。
昨夜は天気が悪く、月を観ることができませんでしたが、今夜はきれいです。
多少雲がかかる時もありますが・・・。
 

若ハゲが治る時代に・・・

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年11月14日(月)18時19分39秒
  現在、男性型脱毛症(AGA)の治療薬は2種類出ています。
AGAは、成人男性によく見られる髪が薄くなる状態のことです。
遺伝や男性ホルモンの影響等が主な原因と言われています。
2005年にプロペシアというお薬が発売され、今年、ザガーロというお薬が発売されました。プロペシアには後発品も発売されています。
これらのお薬によって、AGAは治る時代に入ったと思います。
ただし、毛根が完全になくなってしまった状態では、効果は期待できず、できるだけ早い時期に治療を開始することをお勧めします。
薄くなってきた・・・と思った時に始めるのが良いと思います。
これらのお薬で、90%以上の人のAGAの進行が止まったという報告もあり、インターネットの講演会を聴いても実際に髪の毛が増えている症例は本当に沢山あります。
効果がある人は、このお薬を飲み続けている限り効果は持続するようです。
ただ、服用を止めるとAGAが進行するということです。
プロペシアの11年の使用報告は沢山でてきており、効果もはっきり認められています。
ザガーロに関してはプロペシアよりも効果があるということですが、まだ出たばかりで、研究報告は少ないと思います。
当院は、どちらのお薬も院内で処方することが可能です。
自費診療となりますので、全額患者様のご負担になります。
 

菊の花

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年11月10日(木)13時41分31秒
  当院玄関の菊の花が、さらに開いて、これ以上ないくらい大きく咲いています。
非常にきれいです。
 

インフルエンザ情報

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年11月 9日(水)14時28分43秒
  本日、当院にて今季初めてインフルエンザの患者さんが出ました。
A型です。
先月、姫路の高校で学級閉鎖があったという情報を聞いていましたが、赤穂では情報がありませんでした。
今季は流行が少し早いのかもしれません。
予防接種を受ける予定のある方は、早めに接種されることをお勧めします。
 

玄関の菊

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年11月 1日(火)22時30分59秒
  見頃を迎えました。
素晴らしくきれいです。
 

菊 2016

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年10月28日(金)14時22分22秒
  当院の玄関に患者様が持ってきて頂いた菊がきれいに咲きかけています。
ありがたいことです。
 

超音波装置(エコー装置)

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年10月22日(土)15時43分45秒
  昨日、超音波装置(エコー装置)が新しくなりました。
画質が非常にアップし、診断能力が上がりました。

心臓:新たな心機能の計測等ができるようになりました。

腹部・甲状腺・皮下等:微細な血流を探知できるようになり、腫瘤の詳細がよりわかるようになりました。

頸動脈:画質が上がり動脈硬化がよりわかるようになりました。
 

貧血について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年10月12日(水)11時53分40秒
  貧血と言ってもいろいろ種類があります。
主なものとしては、以下の様になります。
血液は骨髄で作られるので、骨髄の造血機能が低下して起こる貧血。
造血機能は正常でも、原料となる鉄分が不足して起こる貧血。
血液を作っても、何らかの原因で赤血球が壊されて起こる貧血。
その他にも、腎不全などによって造血ホルモンの不足による場合もあります。
一番よくみられるのが鉄欠乏性貧血です。
これは、主に出血により鉄が失われるために起こります。
生理のある女性では起こりやすいです。
男性や生理のない女性では、出血している部位がないかどうかを調べなくてはなりません。
痔の出血だったり、歯ぐきからの出血だったりした場合はまだよいですが、消化管からの出血の場合は、悪性腫瘍を疑わなければならないこともあります。
貧血のタイプは、一般の血液検査をするだけで大まかにはわかります。
貧血は原因がいろいろあるので、すべて鉄分さえ摂取すれば良くなるというものではありません。
 

高血圧の薬

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年10月 9日(日)23時15分10秒
  高血圧の薬(降圧剤)にはいろんな種類があります。
薬によって作用機序が異なるために、単に血圧を下げるというだけでなく、個々の患者さんに合ったお薬を服用する必要があります。
一番よく使われるお薬は、ARB(アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬)という薬で、これは血管を拡張することによって血圧を下げる薬です。この薬は、腎臓・心臓・血管を保護したりする作用も持っています。心不全に適応がある薬もあります。
カルシウム拮抗剤は、血圧を下げる作用が一番強い群になります。ただ、中には脈拍を少し早くする作用があったり、逆に少し遅くなる作用の薬もあります。
β遮断剤(βブロッカー)は、脈拍を下げることで心臓の負担を減らす作用があります。ただ、薬によっては脈拍が非常に遅くなりますので、注意が必要です。
他にも利尿降圧剤やα遮断剤(αブロッカー)、ACE阻害剤などいくつかの種類があります。
血圧の薬は、患者さんの状態や合併症(糖尿病や狭心症など)によって処方される薬が変わってきます。
 

「フレイル」と「サルコペディア」と「ロコモティブシンドローム」

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年10月 6日(木)22時16分43秒
  フレイルとサルコペディアとロコモティブシンドローム
最近、これらの言葉が医学会でよく使われるようになりました。
簡単に説明しておきます。

フレイル:高齢になり、身体の予備能力が低下して健康障害を引き起こしやすくなった状態。身体的、精神心理的、社会的要因があります。

サルコペディア:筋肉量の減少、筋力の低下、身体機能の低下がある状態。フレイルにも関係してきます。

ロコモティブシンドローム:運動器の障害により、移動機能が低下した状態。運動器症候群ともいいます。
 

麻疹の予防接種について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 9月30日(金)18時56分57秒
  麻疹(はしか)の予防接種について
本日、医師会を通して健康福祉事務所から通達がありました。
********************************************
学校(園)等での麻疹患者の発生、感染拡大の予防の観点から、学校(園)等に対し、教職員を含めた在籍者の予防接種歴や罹患歴を確認し
1) 定期接種対象児への早期接種の勧奨及び
2) 未接種(又は1回接種のみ)・未罹患の者への任意接種の勧奨
をしておりますので、ご承知、ご協力を頂きたい。
********************************************
定期接種以外でも、教職員など特定の人には任意接種をして下さいということのようです。
とはいっても、お薬がなかなか手に入らない状況は続いていますので、申し込んでもすぐに接種できるかどうかはわかりません。
お知らせしておきます。
 

中秋の名月

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 9月15日(木)22時22分39秒
  三木内科から観た満月です。  

麻しん(はしか)の予防接種について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 9月15日(木)11時18分34秒
  「麻しんの広域的発生に伴う乾燥弱毒性麻しん風しん混合ワクチンの供給に係る対応について」

今般、西宮市の麻しん患者発生に続き、関西国際空港、尼崎市での集団発生が報道され、任意接種希望者の増加に伴うMR(麻しん風しん)ワクチンの供給不足や偏在が懸念されています。
このような状況を踏まえ、厚生労働省からの通知(兵庫県医師会を通じて)がありました。

・MR定期接種対象者に対し、接種の機会が確保できるように配慮するとともに、引き続き定期接種の確実な実施に努めること。
(定期予防接種を優先し、定期外の接種は暫くの間控えてください。)
・MRワクチンの予約・注文を行う場合にあっては、定期接種として必要な本数に限り行うこと。


よって、暫くの間、一般の方の麻しんの予防接種は受付できなくなりました。
ご了承ください。
 

/8