[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


心雑音について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 7月21日(木)01時56分50秒
  学校健診で心雑音を指摘され、要精査となって受診してくる場合があります。
心雑音というのは、心音の異常や心臓の動きに応じて雑音がするものを言いますが、そのすべてが病的なものではありません。
当院も幼稚園や保育所の健診をしていますが、厳密には多くの子供で心雑音が聴取されます。
ただ、そのほとんどが無害性雑音または機能性雑音と呼ばれるもので、病的なものではありません。
当院は循環器内科が専門ですので、心臓超音波検査(心エコー)をよくやっています。
健康な人でも肺動脈弁(右心室から肺動脈の入り口にある弁)や三尖弁(右心房と右心室の間の弁)の逆流というのは、心エコーでよく認められます。
心雑音が病的なものかどうかは、聴診でおおよそ見当はつきますが、病的なものかどうかをはっきり診断するためには心エコー検査が必要になります。
病的な心雑音のおもなものは次の二つです。
・心臓弁膜症の種類
・先天性心疾患の種類
心雑音を指摘された場合、一度心エコー検査を受けると、それで異常がなければ安心できると思います。
 

心肥大と心拡大

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月29日(水)23時04分58秒
  胸部レントゲン写真や心電図の所見で「心肥大」「心拡大」という言葉が使われますが、この二つの言葉は全く意味が違います。医師によっては分かりやすいように混同して使っている場合があるかもしれませんが、厳密には違う言葉です。
「心拡大」は心臓の内腔が大きいことを意味します。これは胸部レントゲン写真でよく使われる言葉です。レントゲン写真の心臓の形によっては心肥大という言葉もまれに使われることはありますが、厳密にはレントゲン写真だけで心肥大を診断するのには無理があると思います。要するに心臓が大きいと思ってもらって間違いではありません。「心拡大」があるということは、心臓に負荷がかかっていると考えられます。病気としては弁膜症等による心不全等があります。心不全の傾向にあると言えると思います。
それに対して「心肥大」は、心臓の大きさにかかわらず心臓(主に左心室)の筋肉の厚さが厚いことを意味します。これは、心電図の所見として使われます。ただし、心電図で「心肥大」の所見があったとしても必ず正しいかと言うと、そうでない場合もけっこうあります。病気としては、高血圧・大動脈弁狭窄症等の弁膜症・肥大型心筋症等があります。何れにせよ、これも心臓に負荷がかかっていることに違いはありません。
「心拡大」も「心肥大」もはっきりさせるためには、心臓超音波検査(心エコー)が必要になります。
 

糖尿病と動脈硬化

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月29日(水)01時19分36秒
  糖尿病の合併症として問題となるのが心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化です。
ただ、この動脈硬化は糖尿病が発症する前段階の耐糖能異常(食後高血糖)すなわち境界型糖尿病の時点から加速しています。
言い換えれば、境界型糖尿病と糖尿病による動脈硬化のリスクは同じと言われています。
ですから、まだ糖尿病の前段階だから大丈夫と考えることは危険です。
境界型というのは、糖負荷試験をすることによって診断されます。糖尿病の人が家系にいる場合は、定期的に健診を受けることと、糖負荷試験を一度受けておかれることをお勧めします。
 

動脈硬化を予防するための油の取り方

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月28日(火)14時49分52秒
  悪玉コレステロールを減らすことは、動脈硬化の予防に大切であることに違いありませんが、油の取り方も非常に重要です。
油の中で何が悪いかと言うと、酸化した油は体によくありません。
油物の取りすぎは良くないのですが、以下の様なことを知っていてほしいです。
・マーガリンよりもバターを使う(ただし取りすぎないように)
・マーガリンやバターの黄色くなった部分は酸化しているところなので、その部分は削って白いところを使う。
・天ぷらやフライ等の油で揚げた食べ物は、作って時間が経たないうちに食べる。翌日に残しておいてレンジでチンして食べるのは悪い食べ方です。油は空気と触れる時間が長いほど酸化するということです。
・トランス脂肪酸(マーガリンやショートニングに多く含まれる)を材料にしたお菓子やケーキやパンや揚げ物を控えめに。
 

コレステロールと食事について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月24日(金)22時34分16秒
  総コレステロールが高い人は、以前であればコレステロールを含む食物を制限するように食事指導されていたと思います。現在でもコレステロールの取りすぎは避けた方がよいというのはありますが、科学的な根拠がなく、以前ほどではなくなってきました。
コレステロールの多くは体の中で作られるもので、個人差はありますが、食物から取ったコレステロールは体内で作られるものの1/3~1/7に過ぎないということがわかっています。
ですから、コレステロールの摂取量が直接血中総コレステロール値を反映しているわけではありません。頑張ってコレステロールを控えたのにもかかわらず、その努力は報われず何度検査してもコレステロールの値が下がらないことはよくあることです。
専門医の先生の話では、中には食事のコレステロールを抑えることで、確かに値が改善する人もいるので、やってみる価値はありそうです。それでダメならお薬が必要になります。 
 

糖尿病の食事療法について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月24日(金)22時33分8秒
  糖尿病で合併症を引き起こす原因として何が悪いかというと、食後の高血糖が重要と言われています。
糖尿病の患者さんは、1日の食事のカロリーを医師から指導を受けていると思いますが、同じカロリーの食事でも食べる順番で食後の血糖値が変わってくるのです。
ご飯やパンなどの炭水化物を先に食べた時と、野菜類を先に食べた時とでは、炭水化物を先に食べた時の方が吸収の違いによって食後の血糖値が高くなることがわかっています。
ですから、海藻・きのこ・こんにゃくを含んだ野菜類から先に食べて、その後、肉・魚等のおかずを食べて、最後にイモ類・かぼちゃ・コーンを含む炭水化物を食べるのが、食後の血糖値の上昇が緩やかになり、食後の高血糖を抑えやすくなります。
以前、キャベツダイエットというのが流行ったことがありますが、これは理にかなっていると思います。
 

爪白癬菌症(爪の水虫)の治療について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月23日(木)16時52分57秒
  少し前まで爪の水虫は、半年から一年以上薬を服用しないと治りませんでした。
その薬というのは、すべてではありませんが他の薬と一緒に服用する事が難しい薬でした。
薬同士の作用が重なると副作用を起こしやすいからです。
最近になって、足の水虫と同じように外用薬(塗り薬)で効果がでる薬が出てきました。
爪の水虫の治療がしやすくなりました。
 

不眠症について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月23日(木)16時48分36秒
  以前、赤穂市医師会学術集会で、
香川大学医学部精神神経医学講座の中村祐先生の
「不眠症治療の新しい展開」という講演がありました。
その中で
「不眠症にならない為には」
1)昼間は日光に充分当たる
2)昼寝は1回、20分までにする
3)3時以降はコーヒー、紅茶、緑茶は飲まない
4)嫌なことは忘れる
5)軽い運動や少し汗ばむ早歩きをする
6)夕食後にお風呂に入って体を温める
7)眠くなった時に寝床に入る
8)朝は決まった時刻に起きる
                 というのがありました。
参考までにお知らせしておきます。
 

メダカの稚魚差し上げます

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月21日(火)14時44分54秒
  今年もメダカの稚魚が沢山生まれました。
ご希望の方は、当院の受付まで。
 

オオシオカラトンボの羽化 2

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月12日(日)12時20分27秒
  6月10日の午後7時半頃に駐車場横のビオトープで、またトンボの羽化を観察することができました。
オオシオカラトンボのメスでした。(前回はオス)
1時間ほどの間の写真です。
 

オオシオカラトンボの羽化

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月 9日(木)00時46分1秒
編集済
  駐車場横のビオトープで羽化直後のオオシオカラトンボを発見しました。
 

ホタル

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月 6日(月)23時39分30秒
編集済
  スタッフの1人の家の近くにホタルが飛んでいるということでしたので、行って来ました。
沢山いて、きれいでした。
良い写真は撮れませんでした。
ホタルの写真は難しい。
 

紫陽花

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 6月 3日(金)15時02分14秒
編集済
  実家の紫陽花がきれいだというので写真を撮ってきました。  

三木内科Facebook

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月28日(土)01時45分45秒
  少し前から三木内科Facebookを始めました。
ためになる情報を書き込んでいますので、ぜひご覧下さい。
よろしくお願い致します。

https://www.facebook.com/mikinaika1994/

 

赤い満月

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月22日(日)23時41分0秒
  今日は満月だそうです。
外に出てみると、見たこともないような赤い月が出ていました。
・・・しかも満月。
19:48頃の東の空です。
月が地平線近くにある時に、条件によっては赤く見えるようです。
 

イトトンボの羽化 3

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月20日(金)21時47分6秒
  これが最後の写真です。
すぐにいなくなってしまいました。
 

イトトンボの羽化 2

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月20日(金)21時45分45秒
  イトトンボの種類はわかりません。  

イトトンボの羽化 1

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月20日(金)21時44分32秒
  昨日、家のベランダのビオトープでイトトンボの羽化を観察する事ができました。
羽化を初めて終了するまで約30分でした。
 

ヤゴの羽化殻

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月 6日(金)00時10分59秒
編集済
  当院の駐車場横のビオトープの中にヤゴの羽化殻を発見しました。
トンボ科のものだと思いますが、成虫の姿は見ていません。
少し前に2頭、今日5頭発見しました。
小さいものもあったので、脱皮殻かもしれません。
トンボが知らぬ間に産卵しに来ていたということです。
 

アカツメクサ

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 4月26日(火)15時57分7秒
  隣の空き地でアカツメクサの花が咲き始めました。  

/8