[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


赤い満月

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月22日(日)23時41分0秒
  今日は満月だそうです。
外に出てみると、見たこともないような赤い月が出ていました。
・・・しかも満月。
19:48頃の東の空です。
月が地平線近くにある時に、条件によっては赤く見えるようです。
 

イトトンボの羽化 3

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月20日(金)21時47分6秒
  これが最後の写真です。
すぐにいなくなってしまいました。
 

イトトンボの羽化 2

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月20日(金)21時45分45秒
  イトトンボの種類はわかりません。  

イトトンボの羽化 1

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月20日(金)21時44分32秒
  昨日、家のベランダのビオトープでイトトンボの羽化を観察する事ができました。
羽化を初めて終了するまで約30分でした。
 

ヤゴの羽化殻

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 5月 6日(金)00時10分59秒
編集済
  当院の駐車場横のビオトープの中にヤゴの羽化殻を発見しました。
トンボ科のものだと思いますが、成虫の姿は見ていません。
少し前に2頭、今日5頭発見しました。
小さいものもあったので、脱皮殻かもしれません。
トンボが知らぬ間に産卵しに来ていたということです。
 

アカツメクサ

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 4月26日(火)15時57分7秒
  隣の空き地でアカツメクサの花が咲き始めました。  

満開のヒラドツツジ

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 4月26日(火)15時56分6秒
  実家の庭のヒラドツツジが満開になりました。  

カラスノエンドウ

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 4月21日(木)00時49分39秒
  隣の空き地にカラスノエンドウが沢山花を咲かせています。
豆はまだついていません。
 

ヒラドツツジ

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 4月21日(木)00時45分9秒
  実家の庭でヒラドツツジの花が咲き始めました。
毎年、ゴールデンウイークの頃に満開になります。
 

開院22周年

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 4月15日(金)00時43分56秒
編集済
  当院は、4月14日(木)で開院22周年となりました。
開院当初と比べると、時代も変わり、医療情勢も変わり、医療機関の数も増えました。
でも、ここまでやってこられたのは皆様のおかげだと思っています。
これからも患者様の健康に少しでも貢献できればと思っております。
よろしくお願い申し上げます。
 

赤穂市の桜

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 4月 6日(水)16時44分53秒
  4月5日(火)に撮った写真です。
 

鳴門海峡の渦潮

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 2月25日(木)15時10分29秒
  先日、南淡路に家族旅行に出かけました。
タイミングよく、鳴門海峡の渦潮を観ることができました。
 

謹賀新年 2016

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2016年 1月 1日(金)02時30分11秒
  本年もよろしくお願い申し上げます。

患者様の健康に少しでも貢献できるよう、スタッフ一丸となり頑張っていきたいと思っています。

素晴らしい一年になりますようお祈りしています。

2016年1月1日

三木内科 三木宏志
 

幻の天守閣イルミネーション2015

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2015年12月15日(火)00時01分20秒
編集済
  12月14日は義士祭でした。
13日の夜に、幻の赤穂城イルミネーションを見に行きました。
今年は、城壁にプロジェクション・マッピングをやっていました。
きれいでよかったです。
 

インフルンザワクチンについて

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2015年12月 3日(木)22時48分36秒
編集済
  当院では、今問題になっている化血研のインフルエンザワクチンを使っておりません。
お知らせしておきます。
 

菊 2015

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2015年10月27日(火)23時41分53秒
  今年も患者様が育てられた菊が玄関に並んでいます。
毎年きれいな花を観ることができて感謝です。
 

院内処方について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2015年 9月17日(木)23時19分37秒
  当院は、一部のお薬を除いて、ほとんどのお薬は院内処方をしております。
ここ15年ぐらい前から医院の近くに門前薬局を構えた院外処方の診療所や病院が増えてきています。
当院は、院内処方の方がいろんな意味で患者様にとってメリットがあると考え、院内処方を続けております。
ネットで「院内処方と院外処方の違い」というのを検索して頂ければ、患者様の負担金も含めた違いというのがわかると思います。
どちらも一長一短はあるとは思いますが、院内処方をするということは、医療費の削減にもつながると思っています。
 

ベニイトトンボ

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2015年 7月30日(木)22時32分36秒
  ベニイトトンボは、環境省のレッドリストの2012年版では準絶滅危惧種で、兵庫県レッドデータブックではAランクになっており、兵庫県では神戸の方しか記録がないようです。

そのトンボが私の家のベランダで飼っているメダカの水槽から羽化しました。
専門の先生に写真をメールして確認して頂いておりますので間違いなくベニイトトンボです。
ただ、ベランダ等の水槽から羽化したトンボについては、外から成虫が産卵しに来たケースと、入れた水草に卵がついてきた二つの可能性があるということでした。それに関しては、アグロでマツモを買って来て入れてはいましたが、今年新しくマツモを入れていないケースにもヤゴがいることから、外から産卵しに来た可能性が高いと考えています。羽化したトンボは翌日、どこかへ飛んで行ってしまいました。羽化殻は残っています。

この写真の他にも1頭の羽化を確認していますし、別の水槽から羽化殻を発見しています。
水槽に産卵しても、多くはメダカに卵を食べられてしまうと思いますが、生き残ったものが羽化したのだと思います。

トンボが好きな私は、以前から絶滅危惧種になっているベニイトトンボを一度見てみたいと思っていましたが、まさか・・・自分の家のベランダで羽化しているところを見ることができるなんて夢にも思っていませんでした。私の今年の夏の大発見でした。
もし赤穂のどこかにベニイトトンボが生息しているとしたら、それは凄いことではないでしょうか。
 

赤穂民報の記事より

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2015年 5月 2日(土)21時44分6秒
編集済
   「不治とされる難病に冒されながらも音楽活動を続けるシンガーソングライターのライブが5月11日(月)午後7時から加里屋まちづくり会館で開催される。
 東京都小平市のフォークシンガー、高橋忠史さん(62)。日本の津々浦々を旅しながらコンサートを開く「1000日連続ライブ」を平成16年から3年がかりで達成するなど全国各地に根強いファンがある。昨夏以降、足のふらつきや指が思うように動かないといった異変が現れ、検査の結果、「脊髄小脳変性症」と診断された。
 神経細胞の障害により徐々に運動失調をきたす難病。1万人に1人以下の発症確率とされ、原因や治療法は解明されていない。そのような中でも高橋さんは「死ぬまで唄い続け、作り続ける」とギターを手放さず、作詞作曲と各地でのコンサートに励んでいる。
 赤穂公演を企画したのは加里屋で婦人服店「美装」を経営する福井正樹さん(58)。過去に高橋さんのライブを催したことのある平成町の中学教諭、高岸伸介さん(49)から今年2月にCDを受け取った。「言葉の一つ一つにソウル(魂)が感じられて、曲と詩がストレートに体に入ってきた」といい、すぐに高岸さんを通じて来穂を打診した。
 高岸さんが姫路市内で開いたライブでは、歌とトークに中学生が感銘を受け、生活態度が一変したという。「命懸けの魂がこもった歌だからこそ、人の胸を打つ」と福井さん。満席の会場に高橋さんを迎えようと、友人の炭谷日敏さん(50)=加里屋=とともに「高橋忠史を支援する赤穂の会」を立ち上げ、PRに意気込んでいる。
 「瞬間(いま)を生きる 高橋忠史ライヴ 魂の唄を聴け」はチケット1000円(学生300円)で発売中。当日会場で高橋さんへの支援カンパも募る。
Tel42・3048(美装)。」

脊髄小脳変性症は、昔「1リットルの涙」というドラマで、沢尻エリカが演じた病気です。

興味のある方は、ぜひとも行っていただきたいです。
 

玄関のパンジー

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2015年 4月23日(木)23時33分44秒
  診療所の玄関の所に置いてあるパンジーです。
きれいに咲いています。
 

/8