北大軟式庭球部掲示板




47件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[48] 全道大会終了

投稿者: 女子主将 三浦里樹 投稿日:2018年 6月14日(木)15時14分25秒 p310220-omed01.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

6月7日~10日の4日間で全道大会が行われました。お忙しい中応援に来て下さった岸さん、寺本さん、増田さん、ありがとつございました。
女子の結果は以下の通りです。

〈団体戦〉
ベスト8

〈選手権〉
ベスト8
三浦・川上

〈シングルス〉
ベスト16
三浦

更新が遅れてしまい、申し訳ありません。
今大会は前大会よりも格上選手相手にチャレンジャー精神を持って食らいつくことができ、試合内容に手応えが感じられるものとなりました。良かった点としては、やれることをやっているという点だと感じます。一方でやはりサーブレシーブは課題であり、サーブレシーブから組み立ててポイントするパターンをもっと考えていかなければならないと感じました。また、これから秋大会までの2ヶ月間の間に全体として1段階上にレベルアップしなければ勝ちに繋げられないことを痛感したので、基本から全員で底上げを図ります。大会ごとに確実に力はついてきているので、まだまだ実力差はあってもやることを決めて自分のやれることを全力で発揮し、1ゲームでも1点でも多く奪っていきたいです。
全員が自分が勝たなければいけないという自覚を持ち、秋大会と七大戦で納得のいく結果を出せるよう頑張ります。人数の問題もありますが、コミュニケーションをとりながらチーム力をつけ、団体だから勝てた、というような勝利を目指していきたいと思います。
今後も変わらぬ応援の程宜しくお願い致します。




[47] 全道大会終了

投稿者: 男子主将 宇野裕貴 投稿日:2018年 6月10日(日)19時47分24秒 230.6.50.123.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用

6月7日(木)から6月10日(日)にかけて円山運動公園、北翔大学で全道大会が行われました。お忙しい中応援に駆けつけてくださった岸さん、寺本さん、増田さんありがとうございました。

男子の結果は以下の通りです。

<団体>
ベスト8
Bチーム

ベスト16
Aチーム

<選手権>
ベスト16
嶋瀬・宇野

ベスト32
佐藤(匠)・浦野
妹島・林
濱岡・前川
下田・西
大山(祥)・高橋(仁)

<シングルス>
ベスト16
嶋瀬

ベスト32
浦野

今大会では、連続でポイントすることの重要性とゲームを取り切る集中力の必要性をとても感じました。今の北大は良いプレーがあってもそれが続かず次のポイントを簡単に落としてしまい、相手を楽にさせてしまっています。良いプレーをした後のポイントを集中する集中力を普段から養っていかないと上のレベルには通用しないと感じました。また、ゲームを取り切るための攻めの手数の少なさを痛感しました。ここぞという場面で使える攻めのパターンが少なく、競り合った場面で相手に押し切られて負ける事が多々ありました。競り合っても勝てるように特に前衛の攻めのパターンの増強をこれから秋大会、七大戦に向けて図って行こうと思います。
今大会では結果は去年よりは劣るものの、一年生の大山・高橋ペアが32となり結果を残すなど、新しい力の出現もあったためこれからが楽しみになるようなものでした。また、当たり前のことではありますが今大会では応援や物の管理などが前大会と比べると周りを見て出来ていたように思います。当たり前の事を当たり前にコツコツとやっていき秋大会七大戦で応援されるチームにしていきたいです。
僕の任期も残すところあとわずかとなりましたが、秋大七大で良い結果を残せるように最後までやりきりたいと思いますので変わらぬ応援のほど宜しくお願いいたします。



[46] 春大会終了

投稿者: 女子主将 三浦里樹 投稿日:2018年 5月15日(火)11時44分10秒 p711129-omed01.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

5/11~13日の3日間で春大会が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、大平さん、熊谷さん、小林優さん、清水さん、山川さん、ありがとうございました。
女子の結果は以下の通りです。

〈団体戦〉
北海道教育大学札幌校戦 1-②勝ち
酪農大学戦 ②-1負け
函館大学戦 ③-0負け
北翔大学 ③-0負け
北海道教育大学旭川校 ②-1負け

1部5位

〈選手権〉
◯ベスト16
三浦・川上
◯2回戦敗退
横山・周東
明石・open

目標であった一部残留を果たすことができ、内容としても日ごろやってきたことを発揮できた部分があり、このチームでのはじめての団体戦としては良いスタートが切れたのではないかと思います。しかし、1部内でも上位層との差が大きくなっていてこのままでは1部で勝っていくことは厳しいため、日頃から上位層の相手を意識した深い球、厳しいコースを意識して練習に取り組んでいきます。
1年生が2人入って全部で6人という人数の少ない中ですが、だからこそ1人のレベルアップが全体のレベルアップへと直結していくと思うので、チームで団結して団体として強くなっていきたいと思います。
今後とも変わらぬ応援の程、どうぞ宜しくお願い致します。



[45] 春大会

投稿者: 男子主将 宇野裕貴 投稿日:2018年 5月13日(日)16時38分11秒 230.6.50.123.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

5月11日(金)~5月13日(日)に旭川市花咲テニスコートにて春大会が行われました。忙しい中応援に駆けつけてくださった岸さん、大平さん、熊谷さん、小林さん、清水さん、山川さんありがとうございました。
男子の結果は以下の通りです。

<団体>
1部5位
入替戦
対酪農学園戦
2対3負け
2部降格

<個人>
ベスト32
佐藤(匠)・浦野
嶋瀬・宇野
下田・西
妹島・林
髙橋・児玉
濱岡・前川

今回の大会によって2部へ降格する事が決定してしまいました。今まで先輩方が残してくれていた北大の1部としての誇りを失墜させてしまい申し訳ありません。また、このような形で応援してくださっていたOB OGさん達を裏切ることとなってしまい本当に申し訳ありませんでした。試合内容としてはシングルスが一本も勝ちを上げることができず、ダブルスでも三本取り切ることができず、負けてしまいました。他のチームが力をつけている中自分達の甘さ弱さがこのような負けに繋がったと思います。今回の大会では特に勝てそうな試合を一歩及ばず落とすことが多かったです。原因としては勝ちへのこだわりが足りなかった事、流れを切るような簡単なミスや流れを引き寄せる大胆なプレーが少なかったことにあると思います。さらに、技術的にも意図のあるプレーが上位のプレーヤーに比べて少ないと感じました。どこに打ってどう決めるかまで想定したプレーをしないといけないと強く感じました。これらの課題をしっかり改善して次の全道で勢いをつけ、秋大会で1部昇格できるよう部員一同より一層の努力をしていきますので、変わらぬ応援の程宜しくお願い致します。最後に今大会でこのような結果になってしまい、本当に申し訳ありませんでした。



[44] 総季大会

投稿者: 男子主将宇野裕貴 投稿日:2018年 3月14日(水)20時41分49秒 KD182249245143.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

2月28日3月1日に野幌運動公園体育館にて総季大会が行われました。お忙しい中応援に駆けつけてくださった岸さん、増田さん、丹羽さんありがとうございました。
結果は以下の通りです。

ベスト16
妹島・浦野
ベスト32
下田・西
濱岡・前川
匠・林
高橋・加井

更新が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。総季大会では、三年生を中心にしか結果が残せなかったので自分も含め、これから引っ張っていくのは自分だと1・2年生は自覚を持たなければいけないと改めて気付かされました。また、試合内容としてはファイナルや競り合った結果勝てないという内容のものが多かったです。インドア期は試合をする機会が少なく、試合勘を戻していないとはいえあまりに粘り負けが多かったので春までインドア合宿、春合宿を通して試合勘を戻し粘り強さを手に入れること。そして、高いレベルと戦うために速いテンポになれるかつ攻め返せるようになることを意識していこうと思います。応援のほどよろしくお願いします。



[43] 総季大会終了

投稿者: 女子主務 川上七海 投稿日:2018年 3月 2日(金)23時17分22秒 st1239.nas811.p-hokkaido.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

主将の欠席に伴い代筆させていただきます。
2月28日、3月1日に野幌総合体育館にて総季大会が行われ、女子からは2ペアが出場しました。
お忙しい中応援に来てくださった、岸さん、丹羽さん、増田さん、ありがとうございました。

女子の結果は

選手権
ベスト16
横山・川上

でした。
主将の欠席により人数が奇数であったので、1ペア(横山・周東)がオープン参加となりましたが、こちらの試合でも1回戦4-0勝ちであり、これまでのインドアでの練習の成果が着実に現れてきていると感じた大会でした。今大会で出場した3人は全員前衛でありましたが、今大会では後衛として出場した選手の安定性はかなり上がってきていて、また前衛のラリーへの絡みも増えポイントすることも増えました。
しかし、結果としては良い成績であったとは言えませんでした。ここで、今大会で勝ち進んでいく人たちとの差として感じたのは球の深さでした。勝ち進んだ人たち全員が球のスピードが並大抵じゃないというわけではありませんでしたが、深い球を打つことで相手に攻撃させにくくし、その凌いだ球を前衛プレーによって仕留め、ポイントを取る、という展開は勝ち進んだペアに共通してよく見られました。
インドア期も残りわずかとなりましたが、この期間でまだ足りていない基礎的な部分をしっかり身につけ、より成長した状態でアウト期を迎えたいと思っていますので変わらぬ応援の程よろしくお願いいたします。



[42] 2018年度 BOX席取り会議についてのお知らせ

投稿者: BOX席委員会 投稿日:2017年12月28日(木)20時37分10秒 106.123.240.49.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用

BOX席取り会議を以下の日程で行ないます。
・開催日時:2018年1月29日(月) 19:00~
・場所:高等教育推進機構E201

BOX席の使用を希望される団体は代表者1名の参加をお願いします。
なお、BOX席数の都合上、割り当ては公認団体に限らせていただきますので、ご理解お願いいたします。

質問等は以下のメールアドレスまでお願いします。
arym_1028@eis.hokudai.ac.jp



[41] インドア大会終了

投稿者: 男子主将 宇野裕貴 投稿日:2017年12月 1日(金)01時08分35秒 nthkid185250.hkid.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

11月9日、10日の2日間でインドア大会が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、田村さん、寺本さん、清水さん、熊谷さん、ありがとうございました。
男子の結果は以下の通りです。

ベスト8
増田向井 選抜大会出場!

ベスト16
嶋瀬宇野

ベスト32
匠浦野
濱岡林

更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。男子は増田向井ペアが選抜大会行きを決定したものの全体としては頼りない結果になってしまいました。後衛はラリーで形をつくって相手を崩したりできるものの前衛が決め切れなかったり、触りにいかなかったりと後衛にとっては苦しい試合が多かったのではないかという印象でした。あと一歩で勝てた試合も多くあったのに、攻める気持ち決め切る努力が全体的に足りなかったと思います。今回の反省を生かして春大会新チームで臨んで行こうとおもいますので応援のほど宜しくお願いします。



[39] インドア大会終了

投稿者: 女子主将 三浦里樹 投稿日:2017年11月19日(日)09時17分24秒 p854001-omed01.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

11月9日、10日の2日間でインドア大会が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、田村さん、寺本さん、清水さん、熊谷さん、ありがとうございました。
女子の結果は以下の通りです。

ベスト16
三浦・川上

横山・周東もファイナルまで粘り、16入りまであと一歩のところでした。
全員技術は着実に伸びてはいると思いますが、上のレベルで勝って行くには足りない部分が多いので、これから大会のない期間となりますが、気持ちを切らさず個々の課題に取り組んでいきたいと思います。
また、それとともに、来期の春大会を見据え、1部で戦っていくためにチームとしての力も上げていきたいと思います。
これからも変わらぬ応援のほどよろしくお願い致します。



[38] 新人戦終了

投稿者: 女子主将 三浦里樹 投稿日:2017年10月23日(月)13時12分48秒 p308212-omed01.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

ご報告が大変遅くなり、申し訳ありません。今期女子主将を務めさせていただきます、三浦里樹です。宜しくお願いいたします。
9月30日、10月1日に新人戦が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、山川さん、清水さん、増田さん、寺本さん、丹羽さん、ありがとうございました。

選手権ベスト8
三浦・川上

となりました。人数が足りずに団体戦に出場することはできませんでしたが、これから始まるインドア期も選手権のみとなりますので、選手権で結果を出して行けるように奮闘したいと思います。
また、女子は今期1,2,3年生合わせて4人という大変少ない人数での活動となりますが、男子の練習に混ぜてもらいながら、結果にこだわってやっていきたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。


レンタル掲示板
47件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.