北大軟式庭球部掲示板




73件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[74] 東京OB戦のお知らせ

投稿者: 男子主務 藤村竜也 投稿日:2019年 7月 3日(水)10時50分16秒 59-169-214-42.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用

東京OB戦についてお知らせいたします。

日にち・場所
9月8日(日)

場所:開成中学校・高等学校テニスコート(東京都荒川区西日暮里)

10:30 開始予定

場所は決定しておりませんが、夜の部も行う予定です。
尚、ご不明の点がございましたら、藤村(hokudaisyumutatsu@gmail.com)
または、東京OB戦OB代表葛西様(tarokasai@hotmail.com)までご連絡ください。
多くの方のご参加をお待ちしております。




[73] 全道大会終了

投稿者: 女子主将兼主務 石井花 投稿日:2019年 6月20日(木)13時28分26秒 KD182251050121.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

6/13(木)~6/15(土)にかけて円山公園テニスコートで全道大会が行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、秋山さん、丹羽さんありがとうございました。

女子の結果は

<団体>

ベスト8
Aチーム

<ダブルス>

ベスト16
石井・大澤

<シングルス>

ベスト16
三浦

でした。春大会では個人戦で結果を残すことができませんでしたが、今大会ではダブルス、シングルス共に結果を出すことが出来たのは、女子部にとっていいモチベーションになったと思います。春大会と比べて各試合でラリーを続けることができた場面が多く、部内戦で身につけた攻めのパターンを実行するために、ペア間で考えてプレイをすることができました。また、春大会の反省点として挙がっていた基礎力、カットへの対応、一歩目が遅い点に関して、まだまだとは言え、春大会と比べて全員が改善されたように感じます。このまま基礎練を続けることで全員で上達していき、部内戦の質を上げていこうと思います。今大会で一番大きな反省点として挙げられるのは、あと少しで勝てそうな相手に勝ちきれない点です。自分たちよりも技術面が優れている相手と競り合ったときに、ゲームポイントを取ることができない場面が多く見受けられました。今後そのような相手に勝つために、後衛は更にコースと深さを意識して打てるようにすること、前衛は試合でくる様々な高さの球に対してしっかりと足を動かしてハイボレー・スマッシュを相手コートに入れることを特に意識して練習に臨んでいきたいと思います。

今回の大会ではメンタル面において「相手が強いから負けても仕方ない」という気持ちがあったように感じました。「相手が強くても諦めずに貪欲に食らいついてく気持ちを全体の雰囲気として持つこと」「負けてるときにネガティブな気持ちになってミスしてしまうことを改善すること」を女子部員全員で普段の練習から意識し、これからの定期戦・秋大会・七大戦に向けて精進して参ります。
今のチームでの活動も残り二ヶ月半ほどとなりましたが、4年目と水産生は特に、残りのアウト期を笑顔で満足して終えることができるよう女子部員一同精一杯部活に向き合って参りますので、これからも変わらぬ応援の程よろしくお願いいたします。



[72] 全道大会終了

投稿者: 男子主将 梅津秀平 投稿日:2019年 6月19日(水)12時22分4秒 192.50.101.187  通報   返信・引用

6/13(木)~6/15(土)にかけて円山公園テニスコートで全道大会が行われました。
お忙しい中来てくださった岸さん、秋山さん、丹羽さんありがとうございました。

男子の結果は

<団体>

ベスト8
Aチーム
Bチーム


<ダブルス>

ベスト16
大山(祥)・西

ベスト32
下田・浦野
嶋瀬・前川


<シングルス>

ベスト8
嶋瀬

ベスト32
浦野
前川

でした。
Bチームが団体戦ベスト8に食い込んだり、大山(祥)・西が個人で16に入るなど、春に比べて良い結果が得られたと感じています。加えて、格上相手に競り合うことができていた試合が以前よりも多いように感じました。しかし、春大会と同様に競り合った試合で勝ちきることが出来ていませんでした。特に今大会は、競り合った場面で先に主導権を握っていたにも関わらず、マッチポイントを取りきれずに捲られてしまう試合展開が多かったです。以前は相手に先に主導権を握られたまま負けてしまう試合が多かったので、先に主導権を握ることができたのは一つ成長した点ではあると思いますが、マッチポイントを取りきれなければ試合に勝つことはできないので、今後の大きな課題となりました。メンタルの強化、大事な場面で使える攻めのパターンの確率などを部員に意識づけさせていく必要性を感じました。
全体的として技術の向上は見られましたが、後衛は安定したシュートラリーをできる人がまだ少ない、相手後衛より先に攻めることができていないなどの課題が挙げられました。加えて前衛は、プレッシャーのかかる場面での決定力が低いことが課題として挙げられました。
今大会で明らかになった課題を共有し、これからの秋大会、七大戦に向けてどう活動していくかを部員全員で話し合い、明確なビジョンを持って今後の部活動に励んでいきたいと思います。
自分の主将としての任期も残り二か月半ほどとなりますが、最後に笑顔で終われるよう部員一同精一杯頑張っていきますので変わらぬ応援の程よろしくお願いします。



[71] 春大会終了

投稿者: 女子主将兼主務 石井花 投稿日:2019年 5月17日(金)22時12分11秒 KD182251054174.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

更新が遅れてしまい申し訳ありません。
先日5/10(金)~5/12(日)にかけて、旭川市花咲コートにて春大会が行われました。
お忙しい中応援に来て下さった岸さん、熊谷さん、丹羽さん、山川さん、妹島さん、濱岡さん、ありがとうございました。

女子の結果は以下の通りです。

<団体戦>
二部降格

<選手権>
結果なし

残念ながら、目標であった一部残留は達成することができませんでした。先輩方が守り続けてきてくださった一部の座を譲り渡すことになってしまい、悔しさでいっぱいです。この悔しさをバネに秋大会では一部昇格できるよう女子部員一同励んで参ります。
今回の大会で見えた北大の優先課題は三点あります。一点目は基礎力の不足、二点目は一歩目が遅いことから来るフットワークの悪さ、三点目はカット・スライスボールへの対応です。基礎力に関しては、まず北大女子のサーブレシーブミス・ラリー中の簡単なミスの多さが目立ちました。その2つのミスを減らさない限り、自分たちのプレーに持って行くことはできないと痛感しました。また、ラリーが続いても浅い球やチャンスボールを上げてしまい相手に決められてしまうことがとても多く、しっかりと深い球を打てるようにならなければいけないと感じました。フットワークに関しては、相手のコースをつけた球・ショートボール・深いボールに対応していくときに一歩目を踏み出すのが遅く、ボールに間に合わなかったり、自分の打点で打つことができないことが北大女子の大きな課題です。カット・スライスボールに関しては、女子の試合ではカットサーブやスライスボールが多いのですがそれを上手く返せない人が殆どなのが北大女子の現状で、しっかり返せるようにすることと共に、自分たちもそのようなボールを打てるようにすることが試合で勝っていくために必要だと感じました。この三点を改善できるよう練習に臨み、部内戦では考えて試合をできるようにし、大会に備えていきたいと思います。
技術以外の面では、応援も周りへの気遣いも一年生から積極的にすることができ、新チームとして初めての大会としては素晴らしいチームワークを発揮できたと思います。応援・選手ともに、負けていると元気が無くなる点を直し、よりチームとして一丸になって試合に向かっていけるようチームワークを大切に練習に臨んで参ります。
今後は、秋大会・七大戦を見据え、まずは目の前の全道大会、そして定期戦へ向けて課題を克服し、強くなっていけるよう、部員一同より一層精進して参りますので、今後とも変わらぬ応援の程よろしくお願い致します。



[70] 春大会終了

投稿者: 男子主将 梅津秀平 投稿日:2019年 5月15日(水)10時46分29秒 sp49-98-165-40.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

更新が遅れてしまい申し訳ありません。
5月10日(金)から5月12日(日)にかけて旭川市花咲コートにて春大会が行われました。
お忙しい中来てくださった岸さん、熊谷さん、丹羽さん、山川さん、妹島さん、濱岡さん、ありがとうございました。
男子の結果は

<選手権>
ベスト32
嶋瀬前川
下田浦野

<団体>
1部5位

でした。残念ながら、目標としていた春大会一部4位以上という結果を達成することが出来ませんでした。北翔大学、函館大学、北海学園大学との試合では、あと一本取れれば勝利というところで粘り負けをしてしまいました。シングルは全体的な技術の向上が見られ、格上相手とほぼ互角に試合することができていましたが、ダブルスの実力差が他大と比べてまだまだ大きいと感じました。特に、北大のダブルスの後衛は安定感がまだまだ低いので、後衛の選手層を厚くしていくことが今後の秋大会、七大戦を迎える上で最も重要な課題になってくると感じました。打った後の準備を早くすること、相手がどんな球を打ってきてもしっかり最後まで足を動かして自分の打点でボールを打てるようにすること、攻めと守りのメリハリをつけて、粘り強くラリをーすることを今後も意識させていこうと思います。
その他に重要な課題になったのが、競った試合に勝ちきれないということです。団体戦も個人戦もファイナル負けが多く、メンタル面の弱さが見られました。またメンタルだけでなく、お互いプレッシャーのかかる場面で基本的なプレーのミスが多く、相手に流れを渡してしまうというのも原因の1つだと感じました。普段の練習からミスに厳しく、より一層の緊張感を持って取り組んでいきたいと思います。
プレー以外の面では、以前よりも選手と応援が一体となれた場面が多かったりなど、少しずつチームらしさが芽生えては来ましたがまだまだ足りないと感じるので、チームとしてのまとまりを持たせつつ、技術の向上に努めていきたいと思います。
これからは秋大会、七大戦を見据えた上で、目の前の全道大会や定期戦に向けて今大会で明らかとなった課題を踏まえつつ部員一同より一層努力していきますので変わらぬ応援のほど宜しくお願い致します。




[69] 総季大会終了

投稿者: 男子主将 梅津秀平 投稿日:2019年 3月 8日(金)14時27分9秒 sp49-98-174-71.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

3月5日(火)に北海きたえーるにて総季大会が行われました。お忙しい中応援に駆けつけてくださった岸さん、道場さん、寺内さん、小林広大さん、児玉さん、山内さんありがとうございました。
結果は以下の通りです。

ベスト8
下田・嶋瀬

ベスト32
大山(祥)・松本
向井・中西
吉田・高橋

全体の結果としては、ベスト8に一本入ることができたものの、他の一部の大学に比べて選手層がまだまだ薄いと実感させられました。普段の練習では実力の向上はある程度見られるのですが、試合に活かすことができていないことが多いと感じました。加えて、前から課題に挙げられていたフットワークや打つ前の準備、1stサーブの精度などはまだまだ向上の余地があります。今後もそういった基礎的な部分を意識させつつ、より実践を意識した練習を積み重ねていきたいです。
その他に挙げられる課題としては、相手より先に仕掛ける意識がまだまだ足りないということです。格上相手に勝つためには後手に回ってはならず、常に先攻めをしなければならないと改めて実感させられました。そのためには1stサーブをしっかり入れる、レシーブを厳しいコースに打ち込むことなどが必要不可欠となってくるので、そういった部分を部全体で再認識する良い機会となりました。
これからインドア合宿、新歓など行事が重なり忙しい時期とはなりますが、春に向けて必要なことを絞って目標達成に向けて部員一同努力していきますので、応援の程宜しくお願い致します。



[68] 総季大会終了

投稿者: 女子主将兼主務 石井花 投稿日:2019年 3月 7日(木)16時59分1秒 KD182251042186.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

3月5日に総季大会がきたえーるで行われました。お忙しい中応援に来てくださった岸さん、道場さん、児玉さん、寺内さん、山内さん、小林さん、ありがとうございました。

女子の結果は以下の通りです。
ベスト8
三浦・川上

三浦・川上がベスト8に入れましたが、何回か当たっていた相手でもあったため悔しい結果にもなりました。今回の大会と今までの大会を見てきて、一部の格上の大学の選手を相手になかなか勝ちにいけないのが今の北大の課題になっています。今の北大の実力では一部内では一番弱く、次の春大会で目標である一部残留をするためには格上に勝てるだけの力を手に入れなければなりません。そのためにまずやらなきゃいけないのは、練習通りに試合でも打てるようになることと、コースを狙った時のミスをなくすことだと思います。普段の練習から試合を想定した緊張感を持って足を細かく動かし打点に入り、体をしっかり動かすことを意識して一球一球を大切にしていきたいと思います。自分たちの練習でのいいプレーを試合本番でも出せるように努力してまた次の大会に向かっていきたいと思います。
今回の大会で2年目の川上先輩が水産学部のため卒部され女子は3人になってしまいますが、新入部員をなんとか獲得し新しいチームで精一杯春大会に向けて頑張って参りますので、これからも応援のほどよろしくお願いいたします。



[67] アルバイト募集

投稿者: 金森 投稿日:2019年 1月25日(金)09時53分55秒 103.5.142.233  通報   返信・引用

部員のみなさま、こんにちは。
平成11年卒OBの金森と申します。

僕の会社で事務作業のアルバイトを募集しており、詳細を管理人さんのアドレスへメール送信いたしました。

もし、少しの時間でもお手伝いをしてくれる方がいらっしゃいましたら、メールをご覧いただきご連絡をください。

冬の季節の部活は、練習場所の確保など大変かと思いますが、春からの活躍に向けて頑張って下さい。

http://blanket.co.jp



[66] 新年会のお知らせ

投稿者: 男子主務 藤村竜也 投稿日:2018年12月17日(月)17時54分6秒 133.50.70.206  通報   返信・引用

新年会についてお知らせいたします。

〇日にち
1月26日(土)

〈昼の部〉
場所:北大第二体育館
9:00 コート開放
9:30 開会式
16:30 閉会式

〈夜の部〉
一次会(19:00~21:00)
北海道 増毛町 魚鮮水産 すすきの店(南4条西3丁目1-1 第3グリーンビル1F)
費用:3500円

ご参加いただける方は、1月21日(月)までに藤村(hokudaisyumutatsu@gmail.com)までご連絡ください。
多くの方のご参加をお待ちしております。



[65] 選抜大会終了

投稿者: 男子主将 梅津 秀平 投稿日:2018年12月 5日(水)16時12分45秒 192.50.101.187  通報   返信・引用

12月3日(月)に北海きたえーるにて選抜大会が行われ、女子から三浦・川上ペアがランキング8位として出場しました。お忙しい中来てくださった岸さん、熊谷さん、妹島さん、ありがとうございました。
結果は以下の通りです。

〈予選リーグ〉
武信・畑山 (北翔大学) ⑤-1
盛・山田 (函館大学)⑤-0

0勝2敗で予選リーグ敗退となりました。
2試合とも競り合った場面はあったのですが、あと一歩というところでゲームを取りきることができず、相手に主導権を握られてしまう試合展開となっていました。相手に先に攻められ、後手に回ってしまう場面が多いように感じました。先攻めの意識と、大事な場面で使える攻めのパターンを身につけることの大切さを改めて実感させられました。
また上位の選手のプレー見て感じたのは、コートがよく見えているなということです。相手の微妙なポジションの変化や自分のペアの動きを見て、コースや球種をうまく使い分けることができていました。これは普段から、相手をどのように動かして崩すのかを考えてプレーすることによって身につけることができるものだと思うので、具体的な攻め方をイメージして練習に臨むことが必要だと感じました。
年内の大会は終わってしまいましたが、今大会で学んだことを生かしてチーム全体の実力を伸ばしていくので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。


レンタル掲示板
73件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.