新着順:50/160 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

糖尿病の4大合併症

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2017年 1月25日(水)00時07分51秒
  通報
  糖尿病は、全身の血管を障害することによっていろんな合併症を起こしてきます。
・糖尿病性網膜症:眼の奥にある網膜の血管障害によって起こり、視力低下が起こり、失明してしまうこともあります。
・糖尿病性神経症:神経の障害が起こり、全身のいろんなところの神経障害が起こります。手足のしびれ・痛み・感覚障害、排尿障害、下痢・便秘、勃起障害、立ちくらみなど。
・糖尿病性腎症:腎機能の低下が起こり、進行すると腎不全となり透析が必要になります。
・大血管障害:動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞や閉塞性動脈硬化症などを起こします。
合併症は命を縮めることにもなります。
糖尿病になっても、症状が出ないことが多いので、健診などで異常を指摘された時は、早めに検査をしておくことが重要です。
糖尿病の治療の目標は、単に血糖値をさげることではなく、合併症を予防することが大切なのです。
 
》記事一覧表示

新着順:50/160 《前のページ | 次のページ》
/160