新着順:95/206 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1日1本未満の喫煙でも肺がん死亡リスクが9倍

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2017年 1月25日(水)00時10分38秒
  通報
  1日1本未満の喫煙でも肺がん死亡リスクが9倍。
米国では10本/日未満の喫煙者が増加しているが、生涯にわたる1日数本程度の喫煙による健康への影響は、
ヘビースモーキングによる影響に比べてよくわかっていない。
米国国立がん研究所のMaki Inoue-Choi氏らは、1本/日未満もしくは1~10本/日での長期喫煙と全死因死亡率・
原因別死亡率との関連について、非喫煙と比較し評価した。
その結果、1本/日未満や1~10本/日での長期喫煙者は非喫煙者より死亡リスクが高いこと、
禁煙によるベネフィットがある可能性が示された。このことから、タバコの煙への曝露には安全というレベルはないことが示唆される。
JAMA internal medicine誌オンライン版2016年12月5日号に掲載。
 
》記事一覧表示

新着順:95/206 《前のページ | 次のページ》
/206