新着順:5/155 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

タバコの害について

 投稿者:三木内科 医師  投稿日:2018年 2月 6日(火)10時51分23秒
  通報
  Care Net より
「1日1本のタバコでも心血管疾患リスク増大」
1日1本であっても、喫煙は冠動脈疾患および脳卒中の発症リスクを予想以上に増大させ、心血管疾患の発症に害のない安全な喫煙レベルは存在せず、リスク低減には減煙では不十分であることが、英国・ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのAllan Hackshaw氏らが実施した141件のコホート試験のメタ解析で示された。研究の成果は、BMJ誌2018年1月24日号に掲載された。喫煙者の多くはタバコの本数を減らすことで関連疾患の発症リスクを低減できると考えているが、これまでにも冠動脈疾患のリスクは軽度の喫煙(1日5本未満)でも予想以上に高いことが報告されている。

タバコは、癌や呼吸器疾患のリスクも上げます。
私は、タバコが原因で命を落とされたと思われる患者さんをたくさん知っています。
タバコの害がなくなる日が来ることを願っています。
 
》記事一覧表示

新着順:5/155 《前のページ | 次のページ》
/155