teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


261. べナツキー:白馬亭にてIm weissen Rössl Ralph Benatzky 12月13日ケルン

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年12月15日(土)05時34分24秒
  昨日同様これも日曜日のプレミエに続き第2回目の公演。まずセッティングがほとんど歌謡ショー、回り舞台の後ろにバンドが居座る形。台詞はすべてマイクを通して増幅するのでミュージカルの形。ちょっと不自然なのでかなりきつい。耳にイヤホンがあってプロンプターの歌詞のアインザッツとかが直接に解かるらしい。コーラスだけがマイクなし。

オーケストラは2本のクラリネットがサックス2に持ち帰るジャズ方式。バンジョー持ち替えのギターと民族楽器にチター。オルガンの音は録音で後ろのスピーカーから出るらしい。昨日同様べヴーグンクス・コアの踊りも常に入っているが事実上のバレエ団仕事である。

この演目はシュトットガルトの演劇専用の劇場で1回だけ見たことがあるが、台詞が多く半分演劇として見る事も可能である。黒人の水兵、花火のご馳走を消防服を着た消防士が消火器で消す。回り舞台がメリーゴーランドの様に楽しい。

曲自体は難しくないがこれと言った凄い出来でもない。ヨハン・シュトラウスの「ジプシー男爵」や「こうもり」のような天才的閃き、レハールのような耽美主義のような美しさも無い、ツェラーやミレッカー並みのオペレッタの水準である。道理でここのアリアをガラ・コンサートで歌われる例を聴いたことがない。しかしジングシュピールと書いてある通りお笑い専門のオペレッタを想定したわけでもないが、演出やドイツ人歌手が笑われようとしても聴衆は余り反応しない。しかしオペレッタと共に歌手の水準はデュイスブルク、シュトットガルト、ミュンヘン、ベルリンの様に高い。45分。

第二幕と三幕は続けてやるらしい。2管編成でもホルンが3なのはベートーヴェンの英雄交響曲だけ思い出される。ファゴットは吹奏楽の様にどういうわけか1本だけとポップス専用のドラムセット。歌いながら聴衆の中に入ってきてリンゴのかけらを渡し、役者の歌の素人にもマイクを向けて無理に下手に歌わしている。

本物のバイクがエンジンを鳴らして入って来る。霧とローラーボードで舞台の上で水泳。リフトが止まる。山にも霧がかかってスキー場になる。一回行ったことのあるザルツカンマーフートのウォルフガング・ゼーの物語。みんなドイツ人で無理にオーストリアの方言をわざと語るので笑えない。今度は客席に旗を配る。録音でラデツキー・マーチ!更に他の違った調性の曲も入り最後に生のオケで本来のオリジナルも演奏される。カイザー・フランツ・ヨーゼフ2世が出てきて本物のオーストリア人の会話なので軽くていい加減でやっぱり本当に面白い。「微笑みの国」のような「こうもり」のような何時ものオペレッタの最後の後悔の哲学。後ろのアルプスが雪で白くなる。女性歌手のマイクの増幅が1時入らなくなるので聴こえない。雪が降る。男の女装のバレリーナのグループが女のバレリーナ・グループと一緒に踊る。80分。カーテンコールはウィーンのフィルクス・オーパーの様に管弦楽伴奏で手拍子付きの合唱で行う。

Im weissen Rössl Ralph Benatzky
Singspiel in drei Akten
frei nach dem Lustspiel von Blumenthal und Kadelburg
Buch von Hans Müller und Erik Charell
Gesangstexte von Robert Gilbert
Musik von Ralph Benatzky (1884 - 1957)
StaatenHaus Saal 2 / 18:00 ? 20:15 / Premiere / 16 ? - 125 ?
Inhalt
Im weißen Rössl am Wolfgangsee ? da liegt Musik in der Luft und allen geht das Herz auf!
Dem Komponisten Ralph Benatzky, geboren 1884, Musikstudium in Prag und Wien, gelang es, für das ?Weiße Rössl? Elemente der klassischen Operette mit Jodeln, dem Volkslied, Folklore, jazzigen Klängen, einem Tango und mitreißenden Tanzeinlagen zu verbinden. Herzschmerz, Sentimentalität und Kitsch sind gewünscht, werden aber durchaus ironisch gebrochen.
War die klassische Operette in ihrer Blütezeit noch ein Spiegel der Gesellschaft, in dem das Publikum seine kulturelle Identität wiederfinden konnte, zerfiel dieser Lebensnerv der Operette nach dem Untergang der Habsburger-Monarchie, dem Ersten Weltkrieg und mit dem Aufkommen des Radios und des Films. Das Genre änderte sich in den 1920er und 1930er Jahren durch die Einbeziehung von Elementen aus anderen Bereichen der Unterhaltungsmusik und näherte sich damit an die amerikanischen Formen des Musicals und der Revue an.
Das ausstattungs- und personalintensive Singspiel ?Im weißen Rössl? kam in ?schweren Zeiten? ans Licht der Welt: Die Weltwirtschaftskrise erreichte ihren Zenit, die Arbeitslosigkeit war hoch, viele Theater gingen Pleite. Dennoch stand vom Tag der Premiere am 8. November 1930 im Großen Schauspielhaus Berlin bis anderthalb Jahre später ?Im weißen Rössl? vierhundertsechzehn Mal das ?Glück vor der Tür? und das Publikum durfte eintreten und seine Sorgen vergessen.
Die Zuschauer erfreuten sich ebenso an der (klischeebesetzten) heilen Welt Österreichs mit unberührter Natur, beeindruckender Berglandschaft und Dampfschifffahrt wie an den eingängigen Melodien ?Es muss was Wunderbares sein …?, ?Die ganze Welt ist himmelblau …?, ?Zuschau’n kann i net? oder dem Schnadahüpfl-Duett ?Im Salzkammergut, da kann man gut lustig sein?.
Inszenierung
Mit dem musikalischen Leiter Uwe Theimer konnte für diese Neuproduktion ein ausgewiesener Operettenspezialist aus Wien?gewonnen werden. Eike Ecker, die an der Oper Köln zuletzt mit großem Erfolg ?Der Kaiser von Atlantis? inszenierte, zeichnet für die Regie verantwortlich. Der Bühnenbildner Darko Petrovic zaubert ein Stück Österreich auf die Bühne.
?Die ganze Welt ist himmelblau, wenn ich in deine Augen schau!?
(Dr. Siedler, I. Akt)
Besetzung
Musikalische Leitung Uwe Theimer / Inszenierung Eike Ecker / Bühne Darko Petrovic / Kostüme Ulrich Schulz / Choreografie Giorgio Madia / Licht Nicol Hungsberg / Chorleitung Rustam Samedov / Dramaturgie Tanja Fasching /
Josepha Vogelhuber, Wirtin zum "Weißen Rössl"
Claudia Rohrbach?/ Netta Or
Leopold Brandmeyer, Zahlkellner
Martin Koch?/ Alexander Kaimbacher
Wilhelm Giesecke, Fabrikant
Matthias Friedrich?/ Alexander Franzen
Ottilie, seine Tochter
Jutta Maria Böhnert?/ Emily Hindrichs
Dr. Erich Siedler, Rechtsanwalt
Michael Siemon?/ Paul Schweinester
Sigismund Sülzheimer
Miljenko Turk?/ Till von Orlowsky
Prof. Dr. Hinzelmann
Alexander Fedin
Klärchen, seine Tochter
Maike Raschke?/ Katerina von Bennigsen
Der Kaiser
Bert Oberdorfer?/ Christian Futterknecht
Die Oberförsterin
Eva Budde
Der Piccolo
Nikolaas von Schrader?/ Vincent Lang
Der Reiseführer
Hoeup Choi
Kathi, Briefträgerin
Alina Wunderlin
Tanzensemble
Janina Clark
Simone Giancola
Greta Giorgi
Florijad Komino
Simone Maier
Michael Seidel
Emmy Thomsen
Julia Marie Wolobuew
Chor
Chor der Oper Köln
Orchester
Gürzenich-Orchester Köln

https://www.youtube.com/watch?v=QQ9TFXnliF0

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 
 

360. ジョナサン・ダーヴの「ロンドンのマルクス

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年12月15日(土)00時23分2秒
  」MARX IN LONDON。12月12日、ボンURAUFFÜHRUNG
客に入りは20%ぐらい。事前にミニマル音楽と察知しているのでこれから客が増えるかもしれないが、同じ1959年生まれの非無調的作曲家:ジェームス・マクミランと比べて知名度は低い。とにかく日曜日が初演:新演出だったので今日は第2回目の上演。

始める前にマルクスそっくりの言い訳男が出て来たのでもう始まったのかと錯覚したが、女性歌手の一人が重い風邪を引いているので、当たり前の話だが代役が初演のために絶対に無いのでそれでも歌うので了承されたいとのこと。

まずはタイプライターの音。簡単にが書かれているがそれほどミニマル音楽ではない。予告編のヴィデオを見ただけで判断するのはどんなに危険な事かがわかる。繰り返しはあるが最初のレチタティーヴォの部分はブリテンのオペラぐらいの頻度であろう。その後でフィリップ・グラスの様式が始まるが、どちらかというとジョン・アダムスの様な少し短縮版の形。べヴェーグンクスコアのような振り付けが常に入る。ポップの様な定常リズム。しかし題材はグラスの「浜辺のアインシュタイン」、「サティアグラハ」、「アクナーテン」に続く共産党政治的オペラでその違いは明確な台本があることだ!

エンゲルスはスパイじゃなくてロンドンでは新しいピアノ教師?リズムの軽さとシンコペーションの多さなどから英語圏の臭さでガーシュインのジャズ・オペラ「ボギーとべス」を思わせる。

大道具運びは奴隷に扮した労働者が始終運び、べヴェーグンクスコアの役割も果たす。ポーランド楽派のキラールを思わせる弦楽合奏のクラスター的な厚み。ショパンの軍隊行進曲を思わせるリズムと音の動き。アコーディオンの音が聴こえるがハーモ二ウムらしい。ほとんど音色的に変わら無いがそれとハープとのユニゾンが珍しい。ジョン・アダムスのファンファーレ。労働者の踊りの振り付けはミュージカルそのものでグラスや演出のアーヒム・フレイヤーを思わす。65分。

オケはかなりフルで入ってて3管。ティンパニ5、プログラムにペータースの広告が協賛として載っているが上演権をタダにしたか安くしたのであろう。Excelsior、より高く、向上して!

第二幕、点描ミニマル音楽。巨大ピストル、テロリストと貧乏人。エキストラの労働者としての大道具運びが忙しい。音大からの韓国人が2・3人参加。歌唱や演技で違和感はない。
ここの繰り返しはグラスよりもカール・オルフの世界だ!自由・正義・天命・党員・私有財産の禁止などの共産用語が多い。この共産思想を新本主義の金もうけ音楽と言うミニマルの様式で延々と語り儲けようとする音楽。チャップリンのモダン・タイムスのような演出と音楽。エキストラは始終バレエの様に動く。警察が来て偽マルクスを差し出すが後で本物に代わり、ブリテンのファンファーレと鎌にハンマー。最後にワインを飲んでピストルを突き付けるめでたし、めでたしのオペラ。ここに何の問題意識も無い共産主義の宣伝のような物語。60分。

UraufführungPremiere
09 Dez
18:00 H

12 Dez
19:30 H

22 Dez
19:30 H

28 Dez
19:30 H

12 Jan
19:30 H

20 Jan
18:00 H

02 Feb
19:30 H

08 Feb
19:30 H

14 Feb
19:30 H

URAUFFÜHRUNG
JONATHAN DOVE (*1959)
Eine Komödie
Libretto von Charles Hart
nach einem Originalszenario von Jürgen R. Weber
? In englischer Sprache mit deutschen Übertiteln ?
Auftragswerk des Theater Bonn
Ein Tag im Leben der Familie Marx. Einer der berühmtesten Philosophen und eine Ikone der Politik, Gründer eines der einflussreichsten Denksysteme, in seiner menschlich-allzumenschlichen Alltagsgestalt.
Marx wurde 2003 im ZDF in der Sendung Unsere Besten nach Konrad Adenauer und Martin Luther von den deutschen Fernsehzuschauern zum ?drittgrößten“ Deutschen, 2005 in der BBC zum einflussreichsten Denker aller Zeiten gekürt. Komponist Jonathan Dove und Autor/Regisseur Jürgen R. Weber sowie der Librettist Charles Hart haben sich zum Ziel gesetzt, eine Oper zu schaffen, die nicht nur einen Tag im Leben von Marx, sondern auch einen Tag im Leben der Mutter aller modernen Metropolen, London, erzählt. Einen verrückten, unterhaltsamen, spannenden, aber auch typischen Tag in all seiner Dynamik und Widersprüchlichkeit. Dabei wird inhaltlich und musikalisch die Trialektik zwischen Utopie, Wissenschaft und Realität umgesetzt. Wie Doves Opern FLIGHT oder THE ADVENTURES OF PINOCCHIO hat auch MARX IN LONDON eine echte Chance im Opernrepertoire.
Die Produktion wird beraten von Tristram Hunt, ehemaliges Member of Parliament und Historiker, dessen Engels-Biographie Der Mann, der den Marxismus erfand wertvolles Material beisteuerte. Außerdem mitgewirkt haben der Marx-Experte Prof. Gareth Stedman Jones vom King's College, Cambridge, und Rachel Holmes, deren Biographie von Marx’ Tochter ?Tussi“ Eleanor Marx einen sehr speziellen feministischen Blick auf die Charaktere wirft. Sommer 1871:
Marx ist wieder einmal bedrängt von seiner hysterischen Ehefrau, seinem verleugneten illegitimen Sohn, seiner zu neugierigen Tochter und natürlich seinem notorischen Mangel an ?Kapital“. Außerdem weiß er, dass er allen Beteuerungen zum Trotz den nächsten Band seines Opus Magnum nie zu Ende schreiben wird. Er flüchtet in die British Library, wo er eine Vision hat, die schließlich zu einem Albtraum wird. Am Ende lösen sich alle Probleme scheinbar wie von selbst.??
Eine Koproduktion mit der Scottish Opera | Gefördert durch die Kunststiftung NRW
Einführungsmatinee
OPERNFOYER | SO, 25. NOV 2018, 11 UHR
Moderation: Bernhard Hartmann, Musikredakteur, General-Anzeiger Bonn? ?
… und außerdem …
PHILOSOPHIE IN DER MUSIK
OPERNFOYER | MO, 28. JAN 2019, 19.30 UHR?

Besetzung
Marx
Mark Morouse
Jenny
Yannick-Muriel Noah
Tussi
Marie Heeschen
Freddy
Christian Georg
Helene
Ceri Williams
Engels
Johannes Mertes
Spy
David Fischer
Pawnbroker
Boyan Di*
Melanzane
Jonghoon You
Franz
Di Yang*
Chief Inspector Littlejohn
Enrico Döring
Sergeant
Johannes Marx/Algis Lunskis
Foreman
Egbert Herold
Solo Worker
Miljan Milovic
?
?
Chor des Theater Bonn
?
Beethoven Orchester Bonn
?
?
?
Musikalische Leitung
David Parry
Regie
Jürgen R. Weber
Bühne und Kostüme
Hank Irwin Kittel
Licht
Friedel Grass
Dramaturgie
Andreas K. W. Meyer
Choreinstudierung
Marco Medved


Regieassitenz und Abendspielleitung
Barbara Schröder
Studienleitung
Julia Strelchenko
Musikalische Assistenz
Daniel Johannes Mayr
Bühnenbildassistenz
Ansgar Baradoy
Kostümassistenz
Dieter Hauber
Inspizienz
Tilla Foljanty

*Student/in im Rahmen der Kooperation mit der HfMT Köln

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

359. ケルンの「ピーター・グライムス」11月28日

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年11月30日(金)06時07分35秒
  このオペラは昔ケルンで見たような記憶があったが、記録に無く音大の記録でも探せない。ミュンヘンとデュッセルドルフとボンだけか?とにかくこれでここの地方の3大歌劇場で3つの演出が完結することになる。

40分前に解説があって、流石に難しいオペラは何時もシェフ・ドラマトゥローグが出てきて何も文面を持たないで頭にある事すべてを続けざまに言いまくる。テキストは英語で歌うがそれでも聴衆は理解できないと当たり前のような、念を押しても足りないようなことを言う。そこでケルン・オペラのこれまでのブリテン・オペラの実績を上げる。「ねじの回転」、「ビリー・バッド」、「ヴェニスに死す」、「ルクリーシャの凌辱(りょうじょく)」、「真夏の夜の夢」、それから戦争レクイエムなどの大物作品が並ぶ。この「ピーター・グライムス」は初演に王族が来たことで有名になったそうである。

イギリスの東海岸の漁師の物語の粗筋を始める。ちょっとサジストの白雉が出て来るので「ボリス・ゴドゥノフ」にも似ている深刻な内容。「リア王」や「モビー・ディクス」の引用。上演頻度は今では「サロメ」と同格で近代オペラでは最高の成功作か?繰り返し演出を変えて演奏されるのでその物語の筋も何度も追わされ考えさせられことわざの代名詞となる世の中現象を担っている。

次の作曲テクニック。歌手2人の半音の音の対立はそのまま意見の対立を産ませている。最後の方の女声の重唱が「ばらの騎士」と思わせる。その一連の事象が現在の我々の社会、ブレクセット、政治の話に繋がる。

指揮者が若いので最初の指導動機に不純物が残っている。舞台はどの場面設定にも使える構造。暗く硬く重いドイツのオケはしっかりと合わせるとイギリス物でも立派に聴こえる。コーラスをお遊戯させるのは幼稚でバカらしいんだけど、オペラに登場しないバレエの代わりの目の保養にはなる。第一の間奏曲は何時ものブリテン和声法。「マイスタージンガー」思わせる教会の合唱配置は同じく登場回数も多い。組曲の第4曲の嵐の動機の教会の椅子を引く雑音が煩い。カウンター・テノールのような力強いアルトの声。「ローエングリーン」のような合唱の混乱の場面。53分30秒で第1回目の休み。

第二幕は組曲の第二間奏曲。シベリウスのような西洋音楽の中心から離れた地域の寂しさを表現。オルガンが舞台の横の2階に積み上げられている。要は電子オルガンではなく、舞台装置と一緒に組み立てられた本物の移動式オルガンらしい。合唱指揮者もそれなりの服装で合唱を指揮し副指揮者の役割も果たす。舞台の小太鼓はオケの奏者から編成。アルヴォ・ぺルトに凄く似た楽想は実際にはもちろんブリテンから来たのではあるが、「パッサカリア」の舞台のビオラもオケの奏者から出ていて同じように歌わない。舞台裏の中太鼓と合唱。ファゴットとバリトンの指導動機を含むユニゾン。合唱は嘘をつくものは罰せれなければならないとしつこく歌う。47分13秒で2回目の休み。

横に一緒に座った2人のお姉ちゃんたちはしゃべっている英語からどうもイギリス人らしい。EU辞めたらこういう風に気軽にケルンのオペラに来ることも無くなるようだ!今なら終演後すぐに近くの飛行場からその日のうちにロンドンのヒースロー空港に飛ぶことも可能だ!イギリスに近いこの州のオペラは非常にイギリス物が多い。イタリア物やフランス物が多いシュトットガルトや東欧物が多いウイーンとは傾向が違う。前奏は組曲からの第3曲。オルガンは扉を閉じられてしまってそこに数人のバンドが並んでいた。男の女装と男の性器をぶら下げた女たちが踊りまくって会場の笑いを買う。ムソルグスキーのような死の予告の半音階。マクベス夫人のような女。チューバが舞台裏に出て行く。徐々に自殺の場面が設定される。「ヴォツェック」の様に室内にコンクリートの池がこしらえられている、本当に水が入ってて合唱が死刑執行人の仮面をして死に誘導しピーター・グライムスが自ら入って溺れる。その後で完全に蓋を締めて教会の椅子を並べ合唱は何事もなかったように歌う。37分30秒。

Benjamin Britten
Peter Grimes
Oper in drei Akten und einem Prolog
Libretto von Montague Slater
nach dem Gedicht ?The Borough? von George Crabbe
Musik von Benjamin Britten (1913 - 1976)
Mi /
Nov 18 Zu dieser Veranstaltung findet eine Begleitveranstaltung statt.
StaatenHaus Saal 1 / 19:00 ? 22:00 / Vorstellung / 12 ? - 81 ?
Begleitveranstaltung
Mit Kurzeinführung in Saal 3 ab 40 Minuten vor Vorstellungsbeginn.
Inhalt
Der Fischer Peter Grimes, ein Einzelgänger innerhalb seines Dorfes, steht im Verdacht, für den Tod seines Lehrjungen auf See verantwortlich zu sein. Dass er im Rahmen einer gerichtlichen Untersuchung freigesprochen wird, kann nicht darüber hinwegtäuschen: Die meisten der Dorfbewohner halten den Sonderling für … schuldig, denn er gilt als jähzornig, und das Verhältnis zu dem Jungen, den er aus einem Waisenhaus geholt hatte, gibt zu Spekulationen Anlass. Es herrscht eine Atmosphäre des schwelenden Misstrauens und der mehr oder weniger verhohlenen Unterstellungen, inmitten derer sich lediglich die Lehrerin Ellen Orford als Lichtpunkt abzeichnet: Nur sie und der aufrechte Kapitän Balstrode begegnen dem eigenbrötlerischen Fischer mit Offenheit und Solidarität. Gleichwohl bleiben Fragen offen, auch was das Verhältnis des raubeinigen und keineswegs fürsorglichen Grimes zu seinem nächsten Lehrling, dem Waisenknaben John, angeht. Als schließlich auch dieser Junge zu Tode stürzt und daraufhin eine dörfliche Lynchaktion droht, kommt Grimes der sich anbahnenden Eskalation zuvor: Mit seinem Boot versenkt er sich im Meer.
Die Uraufführung von Benjamin Brittens erster großer Oper, am 7. Juni 1945 im von den Zerstörungen, Verlusten und Entbehrungen des Zweiten Weltkriegs versehrten London, wurde zu einem nationalen Ereignis: Seit Henry Purcell, mehr als 250 Jahre zuvor, hatte es keine derart bedeutende Oper eines englischen Komponisten mehr gegeben. Das Libretto geht auf eine Episode der epischen Dichtung ?The Borough? (?Der Weiler?) des aus Brittens Wohnort Aldeburgh stammenden anglikanischen Geistlichen George Crabbe aus dem Jahr 1810 zurück. Eigentlicher Hauptträger der Handlung, wie ihn die Partitur dieser Oper vorsieht, ist das Meer: Dieses alles beherrschende Element vermittelt sich nicht nur in den farbig-impressionistischen sinfonischen Zwischenspielen, sondern auch innerhalb der Handlung ist die See als der lebensbestimmende Faktor ausgewiesen, von dem nicht nur die Existenz aller Dorfbewohner abhängt, sondern der in sich darüber hinaus ewig gültige Wahrheiten ? und die abschließenden Antworten auf alle etwaigen Fragen ? birgt.
Inszenierung
Der junge britische Regisseur Frederic Wake-Walker inszenierte bereits in Glyndebourne und an der Mailänder Scala, ?Peter Grimes? ist sein Debüt an der Oper Köln.
?Peter Grimes, we are here to investigate the cause of death of your apprentice ...?
(Swallow, Prolog)
Besetzung
Musikalische Leitung Nicholas Collon / Inszenierung Frederic Wake-Walker / Bühne & Kostüme Anna Jones / Co-Kostümbild Linda Tiebel / Licht Andreas Grüter / Chorleitung Rustam Samedov / Dramaturgie Georg Kehren /
Peter Grimes
Marco Jentzsch
Ellen Orford
Ivana Rusko
Balstrode
Robert Bork
Auntie
Malgorzata Walewska
1. Nichte
Monica Dewey
2. Nichte
Kathrin Zukowski
Bob Boles
Dino Lüthy
Swallow
Lucas Singer
Mrs. Sedley
Rebecca de Pont Davies
Horace Adams
Philip Sheffield
Ned Keene
Wolfgang Stefan Schwaiger
Hobson
Darren Jeffery
Chor
Chor der Oper Köln
Extrachor
Extra Chor
Orchester
Gürzenich-Orchester Köln

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

358. ケルンの「子供ためのワルキューレ」11月22日

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年11月24日(土)05時19分34秒
  今回もオケは1管編成だがトロンボーンが2本になっている。バス・トロンボーンはコントラバス・トロンボーン持ち替えらしい。演奏時間はさすがに1時間で終わらなくて75分の予定だ。相変わらず生きのいい子供たちが煩い。今回は遅く来た人のための補助席も脇にある。オーボエが休みに水飲みながらやってる。クア・オーケストラみたいで温泉保養地に最適で使える。

楽譜通りの嵐の前奏曲、途中から4人だけのワルキューレの騎行が始まるが、すぐに止んでまた嵐が始まる。ハープがありマリンバが常に和音をトレモロで埋めている。ヘルデンテノールで韓国人は珍しい、曲を中断しての台詞も訛り無しで頼もしい。歌の部分は全部字幕付き。切れ目なしで第二幕に移るまで26分に短縮。

韓国人のヴォータンも様になっている。声に問題は一切なし。ちょっと曲を短縮しカットし話を繋ぐためのフリッカとのダイアローグが弱いが。ピチカートとハープが何時もユニゾンでやって足りない弦を補充する。意外と第二幕の前半は全部カットしないでやっている。しかしもう犬の仮面を冠ったフンディンクが来た。それで最後にジークムントは何時ものように殺されるが子、供たちは初めてのはずなのに非常に残念がって悲しんでいてこちらまで移ってきた。子供たちにはちゃんと話の筋が解かっていたのだ!大人だと当たり前で誰感じないがこんな小さな子供が惜しむとは凄く感動的だ!!26分。

一人韓国系が入っているような4人の「ワルキューレの騎行」は細かくカットされているのですぐにジークリンデを連れて来る。割れた剣を渡した後この件は次の「ジークフリート」に繋ぎ、すぐにヴォータンが出て来る細かいカットで主要は話のポイントはすべてやる。「魔の炎の音楽」は本物の火を使いブリュンヒルデを釜茹でみたいにする。窯みたいな装置が煤けて真っ黒になる。21分。1時間過ぎるとさすがに子供たちがじっとしてられなくて動き出す。終演後数人の子どもが慌てて帰る。計1時間17分。

帰りにRTLの民間放送の「24時間TV、愛は地球を救う」の準備作業を見る。まもなくクリスマスなので日本TVとは関係が無いようだ!その後図書館に入って残りのスコアを2冊買い、そのままボンの図書館に直行。ここでもハイドンのトリオ6曲合冊とモーツァルトのトリオ合冊7曲とキューベースを買う。

ボン大学で少し食べて、クリスマス市のボートーヴェン像を撮って、新作初演の「ロンドンのマルクス」と「ラ・ジョコンダ」のチケットを買って帰路に就く。

Richard Wagner
Die Walküre für Kinder
in einer Fassung von Brigitta Gillessen und Rainer Mühlbach
Arrangement von Stefan Behrisch
für Kinder ab 8 Jahren
Dauer ca. 70 Minuten
Text und Musik von Richard Wagner (1813 - 1883)

StaatenHaus Saal 3 / 11:30 ? 12:45 / Vorstellung / ? 12,5,-/7
Inhalt
Seit vielen Jahren steckt rätselhafterweise ein Schwert in einem Baumstamm in der Hütte des Ehepaars Sieglinde und Hunding. Für wen ist es bestimmt? Und welchen verborgenen Zauber bewahrt dieses Schwert?
In ?Die Walküre? mischen sich die Schicksale der Götter und der Menschen. Gottvater Wotan und seine Gemahlin … Fricka kommen auf die Erde herab und nehmen Einfluss auf das Leben der Sterblichen: So findet Sieglinde ihren verloren geglaubten Zwillingsbruder Siegmund wieder, muss Siegmund gegen Hunding kämpfen und auch noch einer übermenschlichen Gefahr ins Auge sehen. Unerwartet bekommen Siegmund und Sieglinde Hilfe von der mutigen Walküre Brünnhilde, Tochter des Gottes Wotan. Brünnhilde und ihre Schwestern streiten auf Befehl ihres Vaters und sichern so die Herrschaft der Götter. Doch als sich Brünnhilde der Anweisung Wotans widersetzt, kommt es zu einem furchtbaren Streit zwischen Vater und Tochter, und Brünnhilde muss ihre außergewöhnlichen Kräfte abgeben und von nun an als gewöhnlicher Mensch in einem Ring aus Feuer schlafend warten … und nur ein Held, der freier als die Götter ist, kann dieses Feuer durchschreiten.
Inszenierung
Nach ?Das Rheingold für Kinder? in der vergangenen Spielzeit zeigt die Oper Köln die zweite Oper aus dem Zyklus ?Der Ring des Nibelungen?, der speziell für Kinder und Opern-Einsteiger eingerichtet wird.
?Hojotoho! Heiaha! Heiaha!?
(Walküren)
Besetzung
Musikalische Leitung Rainer Mühlbach / Inszenierung Brigitta Gillessen / Bühne & Kostüme Christof Cremer / Licht Nicol Hungsberg / Dramaturgie Tanja Fasching /
Siegmund
Young Woo Kim?/ Jeongki Cho
Sieglinde
Claudia Rohrbach?/ Adriana Bastidas-Gamboa
Hunding
Julian Schulzki?/ Yunus Schahinger
Wotan
Insik Choi?/ Matthias Hoffmann
Brünnhilde
Jessica Stavros?/ Christiane Kohl
Fricka/Schwertleite
Judith Thielsen?/ Regina Richter
Helmwige
Veronika Lee
Rossweiße
Kathrin Zukowski
Orchester
Gürzenich-Orchester Köln

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

356. 合唱付きの「法悦の詩」12.11.18.GO

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年11月15日(木)05時43分34秒
  本当はこの日ブルックナーの9番の完成版のゲネプロを聴くはずだったのが5時に始まる予定なのにいくら待っても始まらず、しびれを切らして音大に予定表を見に行ったら開始が7時半に変更されて、しょうがないのでその時になってに行ったら大聖堂の聖職者が公開しないから出ろと言われて、ギュルツニッヒのオケのチケットでせっかく来たのに、結局はフィルハーモ二ーでギュルツニッヒのオケだけ聴いて帰った。当然7時から始まる解説は聴けず、本番のコンサートだけのつまらない日になってしまった。

コンサートの前で言い訳が出てきたが、休憩をチャイコフスキーの後にするという断りだけ。「セレナーデ」はサイトウ記念オケの定番プログラム、これをキタエンコは16型の弦楽でやるが普通は室内オケでやって6型か4型が普通である。地味な弦楽器であっても1つの大きな物語のある完結した作品である。最初の指揮は分割でやらないので速いと思ったらアレグロが遅く老いを感じさせる。10分43秒。次のワルツも速くない。4分05秒。もっとも深い音楽のアダージョ。地味なピアノ・ソナタを聴くようだけど深刻な音楽。和音の連結はこれ以上巧みになれないほど精巧。中間部はボロディンの第二弦楽四重奏の世界は元々チャイコフスキーの1番にもあった。暗い冬の暖かい暖炉の前の陰気なくつろぎ。9分24秒。終楽章はアタッカで行かない。会場が咳をしてしまう。やはりテンポが遅めになる。7分47秒で休憩。咳をハープのすぐ横に移動。その距離1,5メートル。

デ・メストレはウィーンフィルのスター・ハープ奏者。後ろの「法悦の詩」を弾く2人の女性奏者が恨めしそうに見つめている。やはり男だけあって大きな音ではっきりシャープな音を出す。この協奏曲は一番有名なヘンデルのハープ協奏曲しか知られていない世界。2重音ずつに更に2重の3連符を楽々と重ねる。しばらくしてソの音が狂ってきたが休めないので弾きっぱなし。2楽章は変奏曲らしい。伴奏の全弦はミュートしてる。終楽章の速い走句は2音間をアルペジオの様にずらす。リズムに乗っているんだけど貧乏揺すりも盛ん。グリッサンドが物凄い音で突っ走る。28分。アンコールはロマン派のオペラ当たりのメロディーの変奏曲。fpの対比がくっきり出る。3重フラジェオレット。ハープではジャズのブルーノートもできない純粋なクラシック音楽の楽器。

「法悦の詩」で混声合唱がフィンランディアの原典版の様に入って来る。最初5番の「火の詩」の間違いかと思ったが独奏ピアノがないので第4交響曲の方。何時ものトランペット5、トロンボーン3、ティンパニ1人の後期のスクリヤービン4管編成は「神聖なる詩」から未完成の神秘劇まで続く。ワーグナーの「トリスタン」第3幕の作曲テクニックが良く聴こえてくる。どうやら原典版らしい。コーラスは最後のコンバスのCとヴァイオリンの声部をなぞるだけの1分歌わない出演。22分42秒。
Sinfoniekonzert 3
Dienstag 13.11.2018, 20:00
Veranstaltung in meinem
Kalender hinzufügen:

Pause gegen 20:30 | Ende gegen 22:00
Mitwirkende
Xavier de Maistre Harfe
WDR Rundfunkchor
Gürzenich-Orchester Köln
Dmitrij Kitajenko Dirigent
Programm
Sinfoniekonzert 3

Peter Iljitsch Tschaikowsky
Serenade C-Dur op. 48 ČS 45 (1880)
für Streichorchester

Pause gegen 20:30

Reinhold Glière
Konzert für Harfe und Orchester op. 74 (1938)

Alexander Skrjabin
Poème de l'extase op. 54 (1905?07)
für großes Orchester

Veranstalter
Gürzenich-Orchester Köln
Begleitprogramm
Einführung in das Konzert
19:00 Uhr, Empore

357.大聖堂のブルックナーの9番の完成版 11月13日。
翌日乗車券を買い直してケルンに。帰りのチケットはフィルハーモニーの殻の立ち見の空券を買ってそれを当てるので前日と同じのコンサートにはもう行かない。

入り口でこの前の映画大会の様に荷物のコントロールががあってテロ警戒が厳しい。30分前にすでに行列ができていた。このドームもシュパイアーのドームの様に残響が10秒と長すぎないか心配だ。とにかく礼拝用だから仕方がない。立ち見も出るくらいつまらないミサよりも遥かに多くの人が来るので毎日でもやってくれればみんな救われる。

今まで晩年のバーンスタイン、ジュリーニと見て来たのでブルックナーの9番は本当はどうでも良いのだが完成版はまずめったにやらないので音大の学生オケでも聴きに来る。弦を16、16、12、12、8とワーグナーのリングと同じ指定をする。コンバスも両脇に4本ずつ別れてバイロイト配置。

案の定残響が長くテンポとアインザッツが曖昧。8秒はあるであろう。確実にリズムなどを掴んで演奏しているとは言えないオルガンみたいな曖昧な演奏。

ホルンはバーンスタインの様に鉢を上げた演奏。バーンスタインの時はウイーン・フィルを全員立たせたがミスが多いのでまた座らせていた。22分25秒。

何も知らない一般人も入っているので楽章間で拍手が起こる。トリオは初稿を2つ並べてやりたい。やはりテンポが曖昧なのでずれる。全休符は前の音が完全に消えてから次の楽想に移りたい。10分50秒。

アダージョは残念ながら速め。それでも遅いので前に残った残響が次の楽想を邪魔することは少ないが。すぐに転調するゼクエンツ。ポリフォニーのテクニックから来る対斜。駅が近いので救急車や電車のレールの音も入って来る。アダージョがどんどん速くなる。クライマックスの後は残響を完全に消したしたとは言えなく前の音がまじりあっている。22分05秒。

すぐにフィナーレ。死の対斜がちりばめられている三途の川。ここでやっと残響を全部取り払って次の楽想に入って行った。コーダがやはり問題。どうしても和声法的に複雑ではあっても解かりやすいブルックナー様式が浮き出て来ない。この部分は1990年代から問題になっている。自分が補筆やるばあいはモデルとして交響曲第五番を上げる。展開部でフーガがあるからである。コーダでは十分に時間をかけてコラールを全部吹いてしまえば長大で壮大な音楽になる。コーダと本来第三者によって創作される本体は完全に分離したい。どうしても各アインザッツにアクセントを付けないとテンポやリズムを失ってでたらめな礼拝オルガンのような音になって見失ってしまう。それにしても気温が落ちて寒い聖堂での演奏になった。22分22秒。

昨日は真夏の様に大変暑く、今日は真冬の様に大変寒い中での演奏。
Sinfoniekonzert im Kölner Dom - Neue Anfangszeit: 20.00 Uhr!
Dienstag, 20:00 Uhr, Kölner Dom (Köln)
?
?Dem lieben Gott gewidmet?
Anton Bruckner: 9. Sinfonie mit Finale
Aufführungsfassung
von Samale-Phillips-Cohrs-Mazzuca (1984?2012)
mit dem Sinfonieorchester der Hochschule für Musik und Tanz Köln
Dirigent: Prof. Alexander Rumpf
Achtung: Die Anfangszeit wurde von 19.30 Uhr auf 20.00 Uhr verschoben!
Eintritt:
frei
Adresse:
Domkloster 4, 50667 Köln

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

355. GO、シューベルト1番.10月30日

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年11月 1日(木)05時49分33秒
  1時間前の解説はテキスト無しで喋られるミヒャエル・ケーベ。目玉は期待してないシューマンの歌曲集のオーケストラ編曲と言う。我々は常に前進しなければならないが合言葉。

何時もの様にどうやってプログラムを決めたか?歌曲を除いてウィーンフィルより長い歴史にギュルツニッヒ・オケが未だに一回も演奏しなかった曲を選んだ。1876年のブラームスの第一交響曲に話が飛ぶが、彼がデュッセルドルフのシューマンを訪れて自作のピアノを弾いて曲を披露した話を始める。とにかくシューマンの歌曲集は日曜日に初演で成功したので是非期待するように勧める。

次にワーグナーの1833年から34年に書かれた「妖精」序曲。音例としてその頭。黄昏ではなくて夜明けの情景をCDにもYouTubeにも出ていないBBCウエールズの演奏で流す!次に「恋愛禁制」の話に移り今回の歌曲のテーマ「愛の告白」との比較に移る。シューマンにはやはりドイツオペラである「ゲノフェーファ」がある。その二重唱とも比較。今回のはハンス・ツェンダーの様に「作曲された解釈」が要点らしい。シューマンの名前で自分の現代風の音を聴かせてしまう試み。だから「初演」と言ってるのだ!べリオのレンダリングにも似ているしデニソフの「ラザロの復活」にも似ている。最近はこの種の編曲は何処でも流行している。ほとんど全11曲をマーラーの10番の様に補作している。金管は移動して脇からファンファーレも流す。

次にシューベルトの話。交響曲の前に何曲かの序曲が書かれる。アレグロの音例は1813年に書かれ、ワーグナーの生まれた年。そしてシューベルトのオペラの話に移るが誰も聴いたものはいないほど無名。その第一交響曲は16歳の作。

少なめの弦は10、9、8、6、4を最後まで保持する。この指揮者は意外と音色の詰めが甘いらしい。同時に出てもいろんな色彩がばらばらに聴こえて詰めが甘く思える。暗譜でやってても楽譜を見てどこの音色が合わないのか指摘するサインがあれば良い。

弦が少なめなのでオペラハウスで聴く生のオペラの序曲の様である。そんなに管に対して弦は伸びない。「妖精」に大太鼓とサンダーシートがあったのかは疑問なので、今備え付けのスコアで見て見たがやはりないので効果音として付け加えたのだ。ファウスト序曲とリエンチ序曲の繋ぎ曲のような感じ。13分54秒。

次の曲は煩い3本のポザウネンと4本のホルンがファンファーレ台に上がってゆく。独唱3人に薔薇1本。石を擦るノイズで始まる。ツェンダーの「冬の旅」みたいな編曲。途中で子供が大声で泣き出して母親と退場。2曲目以降は別の場所で金管が奏楽。マリンバ2、ヴィブラフォン2。弦はあまり使わず、使っても特殊奏法程度、これだけ色彩的にやられるとさすがにシューマンに親しみを持ってしまう。「詩人の恋」の編曲が何曲か来る。オリジナルの連作歌曲でなくて寄せ集めたらしい。ホルンとヴァイオリンは全員金属ミュート付けて特殊な音にしている。フルートとトランペットの細かい音形。薔薇の花は演技用だった。途中木管やチェレスタに違った種類の調の曲がアイヴスの様に入る。切れ目はほとんどなくメドレー状態。元のフラジェオレット、マリンバ、ヴィブラフォン、アルト・フルートによる間奏。オリジナルの和声法に時々異質な音も混ぜる。終いにウォーター・ゴング。保守的客層もシューマンの名前でどんどん現代奏法に巻き込んでいる。37分。

シューベルトは劇的に始まる。第一トランペットはピッコロ、第二もBb管じゃなくてC管なのはそんなに音が高いのか?今スコア見たら初めから最後までバッハのような3点二が出てくる。12分00秒。2楽章は古楽の様に2つ振りで途中6つ振りになるので後で2つに戻ってもテンポが戻るまでに時間がかかる。6分15秒。古楽の様にメヌエットではなくてスケルツォ、4分07秒。終曲も今流行りの古楽的終わり方。6分05秒。
C. Tilling, M. Mitterrutzner, S. Genz, Gürzenich-Orchester Köln, P. Steinaecker: Schubert, Schumann, Wagner
Dienstag 30.10.2018, 20:00

Pause gegen 20:55 | Ende gegen 21:55
Mitwirkende
Camilla Tilling Sopran
Martin Mitterrutzner Tenor
Stephan Genz Bariton
Gürzenich-Orchester Köln
Philipp von Steinaecker Dirigent
Programm
C. Tilling, M. Mitterrutzner, S. Genz, Gürzenich-Orchester Köln, P. Steinaecker: Schubert, Schumann, Wagner

Richard Wagner
Ouvertüre
aus: Die Feen WWV 32 (1833?34)

Robert Schumann
Liebesverrat (2018)
Lieder und Duette für Stimmen und Orchester bearbeitet von Stefano Gervasoni
Kompositionsauftrag des Gürzenich-Orchesters Köln

Pause

Franz Schubert
Sinfonie Nr. 1 D-Dur D 82 (1813)

Veranstalter
Gürzenich-Orchester Köln
Begleitprogramm
Einführung in das Konzert
19:00 Uhr, Empore

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

354.ケルンの音楽学会と「サロメ」24.10.18

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年10月26日(金)05時02分58秒
  Dr.Dr.と指揮者のシノポリやウィーン大学の様に2つ以上の博士号を持つ人が出てきて学位の大切さを説く。音楽家は学歴に全く関係なく実力が第一であるが、音楽家が途中で病気になったり怪我をしたりして音楽活動を辞めなければいけない時の保険として音楽の学位は教師として機能しなければならないが、今までは博士方号を持つと音楽の質が下がる人が大半で、その現実をアメリカの大学で散々見て来たドイツの音大は卒業試験で合格させても学位は全く与えないのが常であった。しかし途中で引退する人も多くてCDが売れない今世その後の生活保障のためにボローニャ・プロコトールで90年代に世界基準が決められた。

弁護士でもある彼は芸術上の著作権にも詳しくそれと経済を組み合わせて多くの芸術振興の道を切り開いてきた人であるが、必ずそもその講義が悪い音響も加わって聴きやすいものではない。芸術経済と手作業の作品は同一ではないとか、芸術と経済は共同体だとか、教授と学生はいずれも研究のために自由な楽器が必要だとかいろんな断片的な主張を積み重ねて学者特有の売れない自分の本の宣伝も入る。

「芸術は脳から来る」と言うシュトックハウゼンの引用はケルン音大にとって誇り高きことではあるが、彼自身は美術大学出身でも学者であって絵描きではないようだ。音大のも博士号をもっと与えるべきかの議論に入る。ここで何度も言うべきではなるが、たかが博士号のタイトルのために芸術作品の水準がアメリカの無数の大学の様に下がっては元も子もないという事であり。現在ではバッチェラー・マスター・ドクターの3段階まで用意されているという事である。

最後に5対のテーゼを与え批判的な質問を待つ。
1.メロディー作曲家に関する基礎思索
2.法律の例外扱い。
3.芸術家と芸術学者の共同制作
4.学位の意味と展望
5.研究活動

質問で芸術と学問を対立させて共同させる前提が目立った。45分。
Ringvorlesung
Mittwoch, 18:00 Uhr, Kammermusiksaal (Köln)

Musik, die Wissen schafft! Perspektiven künstlerischer Forschung?

Peter M. Lynen (Nordrhein-Westfälische Akademie der Wissenschaften)
Künstlerische Forschung ? gute Ansätze unter problematischen Begriffen und Strategien

Konzeption und Leitung: Prof. Dr. Arnold Jacobshagen

Die Beziehungen zwischen Musik und Wissenschaft sind komplex und vielfältig. Während die Musikwissenschaft mit ihren Methoden Musik analytisch untersucht und über sie nachdenkt, privilegiert die künstlerische Forschung einen anderen Ansatz: Hier wird unmittelbar aus der musikalischen Praxis heraus verallgemeinerbares Wissen gewonnen. "Artistic Research" ist in vielen Ländern seit langem eine etablierte akademische Disziplin. In Deutschland tut sie sich bislang allerdings noch sehr schwer - aus zahlreichen Gründen, die in der Ringvorlesung im Wintersemester untersucht werden sollen. Auswärtige Experten und Hochschulangehörige widmen sich im wöchentlichen Wechsel grundlegenden Fragen nach dem Verhältnis von Kunst und Wissenschaft und stellen künstlerische Forschungsbeispiele zur Diskussion.
Eintritt:
frei
Adresse:
Unter Krahnenbäumen 87, 50668 Köln

10月の新演出の夜の「サロメ」はオケが右後ろにある形で当然モニターでこの複雑なオペラのアインザッツを見て歌う形。40分前に解説があったが小さく書いてあるので忘れて出なかった。水曜日なので入りがガラガラで3列目に移動する。舞台の柱などがここのシュターテン・ハウスを模倣して完全に客席の柱などに調和している。目立つのは護衛の兵士の1人をカウンター・テノールに歌わせている。サロメと待女のコスチュームが反対で間違っている。声とオケのバランスは良いように思われるが、オケはバイロイトの様に音を出し放題に近い音圧でさすがに声に一部は隠れてしまうが。リヒャルト・シュトラウスの固定された音の複雑さは十分に味わえる。

ハウプトマンはピストルで派手に自殺。トランプを思わせるバカなヘロデス王様はこれもイヴァンカのようなサロメとマクベス夫人のようなヘロディアスを従えていて、起こる騒動はセックス放尿乱交パーテーを思わせ、更にここで更に3人の女のバレエ団も出演する7つのベールの踊りも含めると悪魔主人の住む現在の乱痴気騒ぎのホワイトハウスそのもの。ヨハナーンが爆弾を送り付けられたオバマを思わせ気の毒。ヨハナーンは実際は首が切られないでイヴァンカ・サロメは直接刺し殺す。狂ったバカ王様も流石にサロメに愛想を尽かすが、実際に殺されるのは周辺の警察や兵士たちで事がどんどん悪くなるのはホワイトハウスの今の政治みたいだ!。
前に座ったために見える面白いことは指揮者はなんと途中で指揮をしながら隣のコンマスの水を奪って飲む。95分28秒。

Richard Strauss Salome
Musik-Drama in einem Aufzug nach Oscar Wildes gleichnamiger Dichtung
in der Übersetzung von Hedwig Lachmann
Libretto und Musik von Richard Strauss (1864 - 1949)
24 Zum Kalender hinzufügen

Mi /
Okt 18 Zu dieser Veranstaltung findet eine Begleitveranstaltung statt.
StaatenHaus Saal 2 / 19:30 ? 21:15 / Vorstellung / 12 ? - 81 ?
Begleitveranstaltung
Mit Kurzeinführung in Saal 3 ab 40 Minuten vor Vorstellungsbeginn.
Inhalt
In der dekadenten Atmosphäre des orientalischen Palastes, in dem Prinzessin Salome als Stieftochter des Tetrarchen Herodes lebt, erscheint ihr der eingekerkerte Prophet Jochanaan wie eine faszinierende Verlockung. Dass dieser asketische Mann, der wie die Stimme aus einer anderen Welt daherkommt und die Ankunft … eines Heilands verkündet, ihre erotischen Annäherungen hasserfüllt und unter Flüchen von sich weist, verleiht ihm in den Augen Salomes einen noch höheren Reiz. Als Herodes seine Stieftochter dazu auffordert, für ihn zu tanzen und ihr als Gegenleistung die Erfüllung jedweden Wunsches in Aussicht stellt, verlangt Salome den Kopf des Jochanaan auf einer Silberschüssel. Angesichts des abgeschlagenen Kopfes gerät Salome in einen rauschhaften Taumel, erfährt das Mysterium der Liebe und küsst die Lippen des Propheten.
?Das Geheimnis der Liebe ist größer als das Geheimnis des Todes? legt Oscar Wilde ? und mit ihm Richard Strauss in seinem 1905 uraufgeführten epochalen Einakter ? der judäischen Prinzessin als Aussage in den Mund. So sehr man geneigt sein darf, diese Feststellung für sich genommen zu bejahen, so aberwitzig und extrem bleibt die ungeheuerliche Geschichte um diesen seelisch unbehausten weiblichen Teenager, der die Zerstörung des von ihm begehrten ?Objekts? als ein ultimatives Mittel für dessen Vereinnahmung anwendet.
Richard Strauss hat mit ?Salome? Musiktheatergeschichte geschrieben, indem er anlässlich dieser Oper für das moderne Orchester neue Welten des Klangs und des Ausdrucks eröffnete. So besteht die Partitur aus einer ganzen Folge einander an Intensität übertreffender Höhepunkte. Das orchestrale Kernstück bildet Salomes ?Tanz der sieben Schleier?, an den sich ihre große rauschhafte, an den Kopf des Jochanaan gerichtete Liebeserklärung, zugleich die ?einsamste? Liebesszene der Bühnengeschichte, anschließt.
Inszenierung
Auf die Begegnung von Maestro François-Xavier Roth, dem Generalmusikdirektor der Stadt Köln und Gürzenich-Kapellmeister, mit diesem packenden Spitzenwerk des Opernrepertoires darf man sich freuen. Der junge US-amerikanische Regisseur Ted Huffman, auf den Bühnen unseres Kontinents ein hoch gehandelter ?Newcomer?, … stellt sich ? zum zweiten Mal überhaupt an einem deutschen Opernhaus ? erstmals an der Oper Köln vor. Die schwedische Sopranistin Ingela Brimberg, zuletzt hier als Senta in ?Der fliegende Holländer? gefeiert, alterniert mit ihrer österreichischen Kollegin Kristiane Kaiser, der Kölner ?Tannhäuser?-Elisabeth, in der alle gesangsdarstellerischen Register fordernden Partie der Salome.
?Hättest du mich gesehn, du hättest mich geliebt!?
(Salome)
Besetzung
Musikalische Leitung François-Xavier Roth / Inszenierung Ted Huffman / Bühne Ben Baur / Kostüme Annemarie Woods / Licht Andreas Grüter / Choreografie Samuel Pinkleton / Dramaturgie Georg Kehren /
Herodes
John Heuzenroeder
Herodias
Dalia Schaechter?/ Michaela Schuster
Salome
Ingela Brimberg?/ Kristiane Kaiser
Jochanaan
Kostas Smoriginas?/ Markus Marquardt
Narraboth
Dino Lüthy
ein Page der Herodias
Judith Thielsen
1. Jude
Martin Koch
2. Jude
Ján Rusko
3. Jude
William Goforth
4. Jude
Alexander Fedin
5. Jude
Nicolas Legoux
1. Nazarener
Luke Stoker
2. Nazarener
Anton Kuzenok
1. Soldat
Matthias Hoffmann
2. Soldat
Lucas Singer
Ein Cappadocier
Julian Schulzki?/ Yunus Schahinger
Ein Sklave
Alina Wunderlin
Orchester
Gürzenich-Orchester Köln

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

353. デュッセルドルフの「黄昏」のプローべ、10月18日、

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年10月20日(土)00時29分21秒
  Richard Wagner
Götterdämmerung, Do18.10, 18.00 Uhr,
Opernwerkstatt: Götterdämmerung

まず1時間前の解説からである。GMDとレジーと舞台美術が出てきた。ここで女の司会者がこのリング・チクルスに全部来たかアンケートを取る。半分ぐらいか?何しろチケットが他のオペラハウスよりも高すぎる。同時進行していた台本に晩年の特有の宗教的な「ナゼレのイエス」にも言及。「ジークフリート」の第二幕の第二場の作曲中に休憩が入り「トリスタン」と「マイスタージンガー」が一連の楽劇の中に挿入される。今回のチクルスは16か月間かけて全部出す予定で足かけ3年かけた思い出と反省会は自己批判も含みレジーのコンタクトが絶えない。演出家はこのチクルスが好きでも無ければ間違っているかも知れないと言うが、アシスタントを凄く褒める。結局は実際の舞台はどうなるかわからないとも言う。部外者でも良いアイディアは積極的に採用。何を持って良いアイディアかは判らないが。

指揮者はロリオの1晩ためのリングの経験を披露するが全部振るのは既にバイロイトで数年振てても今回が初めてで、来年の1月にはそれがもとでウィーン国立歌劇場のリングを任されていることを披露する。ここでは12回から16回のオケのプローベが許されているが、ウィーンでは全く無いから経験者以外全く指揮者としては使えないのだ。

このNRWのAクラスのボン、デュッセルドルフ、ケルンは4何時でも管編成のリングができるが上流のマインツとコブレンツはBクラスで3管編成なのでリングができない現実。

「黄昏」はどう響くの質問に対してラインの乙女たちはとても深いキャラクターを持っていると言う。今日の公開プローベは第二幕の3場までだが、ここで同じプロジェクトのデュイスブルクのリングの違いについても言及。最初の基音Esはエンジンの雑音に感じるらしい。ローレライやハインリッヒ・ハイネの詩に言及。自由の女神、デュマの詩を読む。ライン地方の伝説を非常に重要視。ヴォータンは英雄ではない。リングのキャラクターは非常に良くない。ジョージ・バーナード・ショーの詩の引用するが演出家が否定。

最後にプローベなので指揮者はオケを止めることを断って、今日はワッツは歌わないでレジーのアシスタントが歌うとか。聴衆はパルケットで見てもらうとか言って終わる。

実際には男性陣が素晴らしい歌唱力。舞台は船の上。このレベルだと歌は止められない。数年前に「ワルキューレ」未熟だった指揮者が今回は速めでも見事にポイントを押さえている。コンバスは5.GMDだとオケもまとまる。トロンボーンも十分に出しまくる。7の7つ前。歌手がプロンプターとリズムの確認のためのコンタクト。木管の和音の手入れ。弦だけのプローベ。木管の32分音符を揃えるプローベ。1の3つ前。Asの前のアクセント。元の下降のパッセージの手入れ。6の5つ前。スビト・ピアノ。テンポを間違える。もう一度最初から。トレモロが綺麗に一様に響かない。2回目、歌手は声を節約する。ホルンが良くなっている。これだとウィーンでも問題は出ない。船が回り舞台の様になっている。ジークフリートはこの程度でも上出来であろうバイロイトぐらいの水準。元の細かいところが良く聴こえる。8Aもう一回のプローベでホルンの小さなミスが無くなる。徐々にオケ全体も良くなっていく。3連符は遅すぎる。8の6つ前。もっと静かに。8A.もっと弦がかかっても声は大丈夫。ハイホーのところ速く。グルトゥルーネは最高ではないけれども不満が出るほどの出来ではない。年が若いのだろう。第二場の複雑さ。木管の3連符。弦のトレモロ変奏。12Aは木管、そんなに小さく無く。どちらかというとテクニック・プローベ。11A高いところにいるので声も分離して良く聴こえる。シュティール・ホルンはどうしてもヴィブラートがかかってしまうらしい。コーラスが合わない、飛び出しすぎ。15の7つ前、9つ前。ポザウネ、少し遅れてる、もっと強く。13A。繰り返しで良くなる。歌わない女達が混じっている。テンポ速すぎ。16の4つ前。コア全員も前で歌うので良く聴こえる。19、木菅、とても生き生きと。26A歌詞、合唱指揮者に言われる。73分で終わり。
Opernhaus Düsseldorf
Premiere
Sa 27.10.
17.00 - 22.30 Uhr
ausverkauft
Premieren-Abo Düsseldorf

Tagesbesetzung
Musikalische Leitung Axel Kober
Inszenierung Dietrich W. Hilsdorf
Bühne Dieter Richter
Kostüme Renate Schmitzer
Licht + Video Volker Weinhart
Dramaturgie Bernhard F. Loges
Chorleitung Gerhard Michalski
Siegfried Michael Weinius
Gunther Bogdan Baciu
Alberich Michael Kraus
Hagen Hans-Peter König
Brünnhilde Linda Watson
Gutrune Sylvia Hamvasi
Waltraute Katarzyna Kuncio
1. Norn Susan Maclean
2. Norn Sarah Ferede
3. Norn Morenike Fadayomi
Woglinde Anke Krabbe
Wellgunde Kimberley Boettger-Soller
Floßhilde Ramona Zaharia
Chor Chor der Deutschen Oper am Rhein
Orchester Düsseldorfer Symphoniker

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

352.ケルンの「トゥーランドット」10月10日

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年10月12日(金)04時56分53秒
  おなじみの誰でも知っている曲なので上演の前の解説は無し。ボンでは今でもかかっているので比較されるのは免れない。

オーケストラが後ろで音響的にモニターのアインザッツで歌を前にするもうおなじみになってきた形。平均台のような手すりだけの舞台装置は最初からボンよりも見劣りがする。

KINOと書いてあり西欧貴婦人が映画を見に行くふりの演技をする。しばらくして音楽が始まり。始めに指導動機、その後に近代13の和音が続くがトロンボーンが始終割れっぱなしで煩いが歌を隠すことは一切ない。

舞台脇が見えて合唱指揮者は蛍光ペンで合唱を指揮する。この形の場合合唱がハウプト指揮者が見れないのでテンポを取るために合唱の第二指揮者がどうしても必要になる。バランスは良いのだがオーケストラの細かいリズムの刻みが見えない。

平均台の上をレール代わりにしてやっと大道具がやって来てやっとボンの舞台と見劣りしない舞台になってきた。KINOの文字はPEがあたまについてPEKINOに完成。北京映画をもじっているらしい。児童合唱の屋台コスチュームがどんどん派手に美しくなってくる。トランペットのファンファーレ隊は舞台脇に出て来無いのでボンよりも物足りないしかっこよくも無い。首を切る場面も無い。ピン・ポン・パンの役は中国人が一人もいなくてほとんど韓国人が占める。周り舞台かつ移動舞台はオケを完全に隠してしまって細かいリズも絵をもっと聴き取りにくくしてしまう。33分12秒。

休みなしの舞台転換。役者の着替えとメイクアップを舞台上で見せる。皇帝のクソジジイが泣きべそをかきながら情けなく歌う。クレオパトラのようなトゥーランドット。相変わらずオケのリズムの詳細が掴めないが、低音弦の半音階はワーグナーをたっぷり表出させる。44分10秒。

「西部の娘」の夜明けのような鈍い前奏。北京の昔の残酷な死刑ドキョメント・フィルムを汚いボロボロのスクリーンに映し出す。有名なテノールのアリアの後メトロポリタン・オペラの様に拍手をするのが止めて欲しい。ボンの聴衆の方が遥かに良かった。何時ものようにどんどん変形された指導動機が曲の内部を内容づける。やはり流のアリアの後のテノールとオケのフェルマータが一緒に出れない。このまま何時ものアルファーノ版だからオケはショスタコーヴィッチ風の5度に入っていく。この版で捨てきれないところは「カラフ」と白状した後のトランペットとホルンのファンファーレの信じられない天才構成力。これは捨てられないのでべリオの原典版にも是非入れたい。合唱指揮者も湧きに頻繁に出てくる。その後は映画音楽によるどうでも良い大衆をバカにしたアポテオーゼは最後まで楽譜通りに終わる。37分07秒。

菅野茂


Giacomo Puccini
Turandot
Dramma lirico in drei Akten
Libretto von G. Adami und R. Simoni
nach dem gleichnamigen Theaterstück von Carlo Gozzi
Musik von Giacomo Puccini (1858 - 1924)
10 Zum Kalender hinzufügen
Mi /Okt 18
StaatenHaus Saal 1 / 19:30 ? 22:00 / Vorstellung / 12 ? - 81 ?
Inhalt
Mit ?Nessun dorma …? (?Keiner schlafe …? ), den ersten Worten der wohl berühmtesten?Tenorarie Puccinis, greift Prinz Calaf den gleichlautenden kaiserlichen?Erlass auf: Unter Androhung der Todesstrafe sind die Bewohner Pekings dazu angehalten, unter?Verzicht auf Schlaf seinen Namen herauszufinden. Der Tatarenprinz … hat vermocht,?was keinem zuvor gelang: Er hat die drei Rätsel gelöst, die Prinzessin Turandot?jedem ihrer Bewerber zu stellen pflegt. Damit hat er nicht nur unerwarteter Weise?seinen Kopf gerettet, sondern auch das Recht erworben, die Prinzessin zu heiraten.?Da sich diese, entgegen der Abmachung, dazu nicht wirklich bereitfindet, hat der?Prinz ihr ? freiwillig, unter erneutem Einsatz seines Lebens ? das Ultimatum gestellt,?innerhalb einer Nacht seinen Namen herauszufinden …
Mit allem hatte Prinzessin Turandot gerechnet, nicht jedoch damit, sich einmal?tatsächlich einem Mann ergeben zu müssen. Unter Verweis auf eine sagenhafte?Prinzessin, die sich vor Urzeiten nach einer Vergewaltigung das Leben genommen?hat, hat sie sich jeglicher Annäherung der Männer bisher erfolgreich entzogen und?sich aller Bewerber durch das tödliche Rätselraten entledigt. Nun ? zu Beginn der?zweiten Hälfte dieser Oper ? besteht ihre einzige Chance, ?unerkannt? bleiben zu?dürfen, darin, den Namen des Prinzen in Erfahrung zu bringen.
Es sollte Puccinis letzte Oper bleiben, und in keinem seiner Werke stellt sich die?Annäherung des zentralen ?Liebespaares? aneinander gefahrvoller und rätselhafter?dar als hier. Bis zum Ende geht es einzig darum, die Liebe der Frau zum?Erwachen zu bringen.
Fragile emotionale Zustände kontrastieren in seiner exotischen, ostasiatisches?Flair entfaltenden ?Turandot? mit größtmöglicher Kraft- und Prachtentfaltung:?Was die Anforderungen betrifft, die dieses Werk stellt ? den großen Orchesterapparat,?die gewaltigen Massenszenen, die exorbitant hochdramatische Titelpartie?betreffend ? hat Puccini sich hier so weit vorgewagt wie noch nie.?
Inszenierung
Mit dieser Inszenierung stellte sich die junge, viel beachtete Regisseurin Lydia Steier?erstmals in Köln vor. Am Pult steht Maestro Claude Schnitzler, in Köln zuletzt mit?Puccinis ?Madama Butterfly?, ?La Bohème? und Jules Massenets ?Manon? erfolgreich.
?Du, von Eis umgürtet, wirst von Glut erfasst ihn lieben!?
(Liù, III. Akt)
Besetzung
Musikalische Leitung Claude Schnitzler / Inszenierung Lydia Steier / Bühne & Video fettFilm (Momme Hinrichs, Torge Møller) / Kostüme Ursula Kudrna / Licht Andreas Grüter / Chorleitung Rustam Samedov / Dramaturgie Georg Kehren /
Turandot
Catherine Foster?/ Erika Sunnegårdh
Altoum
Alexander Fedin
Timur
Önay Köse?/ Lucas Singer
Calaf
Martin Muehle
Liù
Ivana Rusko?/ Yitian Luan
Ping
Hoeup Choi?/ Wolfgang Stefan Schwaiger
Pang
Jeongki Cho
Pong
Martin Koch?/ Young Woo Kim
Ein Mandarin
Insik Choi?/ Michael Mrosek
Chor
Chor der Oper Köln
Extrachor
Extra Chor
Kinderchor
Mädchen und Knaben des Kölner Domchores
Orchester
Gürzenich-Orchester Köln

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

351. GO、マーラーの3番10月2日ケルン

 投稿者:菅野茂  投稿日:2018年10月 4日(木)05時45分26秒
  1時間前の解説には全盲の定期会員も聴きに来ていた。解説者の演壇のすぐそばに身体障碍者用のトイレもある。その演壇からトイレの距離約3mか?

マーラーの解説は多分一揃いの情報を言うと思うが、その全体像を定義する。分厚い船、6楽章、独自の子供たちのための太陽系。「不思議な角笛交響曲」。

最近は頻繁に3番の演奏が多い。このホールで見るのも3回目。1回目はビチコフで6楽章だけ、去年の前回はサラステ指揮のWDRで91分33秒かかっている。先月もSWRがクエンチスの指揮でネットで心の籠ったライブをしている。99分32秒。https://www.youtube.com/watch?v=xyAkS-9wRPc
そして今はネルソンズ指揮のボストン響のFM。20.04
WDR 3 Konzert BBC Proms

Andris Nelsons dirigiert Mahler

Gustav Mahler
Sinfonie Nr. 3 d-moll für Altsolo, Knaben-, Frauenchor und Orchester
Susan Graham, Mezzosopran; Damen des City of Birmingham Symphony Chorus;
City of Birmingham Symphony Youth Chorus; Boston Symphony Orchestra,
Leitung: Andris Nelsons
Aufnahme aus der Royal Albert Hall, London

それではこの交響曲のプログラムから行く。「真夏の世の夢」ではなく「夏の朝ではない昼の夢」。第一楽章は8本のホルンで始まるのは当たり前。音例。提示部の終わりはこれがめちゃくちゃに発展して展開部に流れ込む。この録音は誰のか知らないけれどテンポが速め。ここで第一楽章が終わった後に初演がそうであったので休みを入れるらしい。なぜ解かるかと言うとクレフェールドのオケは小さいのでギュルツニッヒのオケのメンバーが大量にトラで行って演奏したらしい。第二楽章の音例。皮肉的、花の章。ヴァイオリンの極端に高い高音の芸。第3楽章。「言葉の無い子供の不思議な角笛」の素材は若き日の歌の「夏の終わり」から取られているスケルツォと瞑想。最初の旋律にKukukku ist Todを当てはめてみる。ポストホルンは第二交響曲と同じ空間音楽は経5人のトラペット奏者を使うので第5楽章の最後の息切れ防止に使えばよい。SWRが1番が切れて2番だけに吹かせていたのがビデオでわかる。音勢はそんなに変わらないがもう1本加わればもっと安定するのは確実。第4楽章:もちろんニーチェの詩。Gib Acht!音例。第4交響曲のように通り雨のように過ぎて行くが、4番のような4楽章制だとここで一旦終わる。やる気と情熱。第5楽章の音例。貧しい子供の歌。乞食の歌。Bimn Bammの歌。最後の晩餐。第6楽章からは三部にしたいらしい。ならばこそ20分で終わるのではなくてもっとゆっくり25分はかけたい。死ぬ場面の第九との比較が出てきて最後のアポテオーゼは今回の指揮者も答えられないと言うし、テオドール・アドルノもこの部分はどうしてこう終わるのか解からないと言っている。ザルツ・カンマーグートの作曲、ポスト・モダン、全音階を批判できない作品。4番と8番のミュンヘンよりも5番、6番と合わせて3曲も初演したNRW州の誇り。

今回の定期は3回とも売り切れで立ち見しかないが、これも出してしばらくして売り切れてしまった。何時ものようにクロークに飴が用意してあって包み紙が音の出るセロハンではなくて滑らかな紙だった。

クレンツィスよりも早めに進行する。10番と似ている打楽器だけの経過部。ベートーヴェンからの戦争交響曲からの伝統?ポザウネンの荒い割れ方。普段聴こえないコントラバスの低温が十分に聴こえる。行進曲が入り違った種類の音楽との組み合わせはアイヴス二引き継がれる。第4ポザウネとチューバの完全なユニゾン。31分40秒。初演に習ってここで20分お休み。9人の打楽器奏者のうち一人が帰ってしまう。横に韓国人留学生がやってきて座る。抒情部が速いのはブーレーズ譲りで霊気がまだ抜けないようだ。こういったオートメーションの処理は一生引き摺るかもしれない。クレンシスはちょっと違ってネゼ・セガンの「パルシファル」のように長く心に温めたような演奏。この指揮者だと弦のしなやかさは出ない。コンマスの違和感はこの楽章でやっと取れる。木管とヴァイオリンのピチカートのバランスの良さ。ルーテのバランス感覚もおろそかにしない。8分50秒。第三楽章のポストホルンはWDRと逆で左後ろ。木管が一斉に上げたり下げたりするのはサッカーの応援席の波のように面白い。16分14秒。第4楽章はドイツ人みたいに正確に発音して歌う。ホルンがどうしても同時に出れない。合唱と共に合唱席の上の2階。イングリュッシュホルンの滑るポルタメントは難しいらしい。9分00秒。第5楽章のBimmBammのリズムが不明確、打楽器がどこに行った?テンポが遅め。後半になってやっと鐘が響いてきた。合唱指揮者で無いと音量が足りない。グロッケンシュピールは2人。フィナーレはシンバル2人、ティンパニは同じ音を両手で叩く。そんなに大きな音ではないがかっこだけは良い。テンポは速く22分36秒。合計92分40秒。昨日のコンサートのヴィデオがもう出ている。 https://www.youtube.com/watch?v=jiCNWzzS_mw


ちなみにネルソンスは33分35秒、9分45秒、17分03秒、9分28秒、4分07秒、22分25秒、計96分43秒。こっちの方がすべての音が聴こえるとされていてブーレーズ真似たのよりも遥かに成功してる。



02.10.2018 Dienstag 20:00 Uhr
Karten bestellen
S. Mingardo, Frauen der Schola Heidelberg, Mädchen und Knaben der Chöre am Kölner Dom, Gürzenich-Orchester Köln, F. Roth: Mahler
Kölner Philharmonie

Sara Mingardo Alt

Frauen der Schola Heidelberg

Mädchen und Knaben der Chöre am Kölner Dom

Gürzenich-Orchester Köln
François-Xavier Roth Dirigent

Gustav Mahler
Sinfonie Nr. 3 d-Moll (1895?96, rev. 1899)
für Alt, Frauenchor, Kinderchor und Orchester. Texte aus "Also sprach Zarathustra" von Friedrich Nietzsche und "Des Knaben Wunderhorn" von Achim von Arnim und Clemens Brentano

keine Pause | Ende gegen 21:45
19:00 Uhr, Empore : Einführung in das Konzert
Eintritt nur mit gültiger Konzertkarte


Website des Veranstalters:
Gürzenich-Orchester Köln

http://www2.hp-ez.com/hp/kan-no/page6

 

レンタル掲示板
/21